メンタルと健康とモテ。読者さま御礼。

読んで頂いている読者様に支えられて記事を更新しております。

質問、相談などを募集しています。

 

*この記事はトップページに固定してあります。

この記事の「1つ下の記事が最新記事」になります。

よろしくお願いします。

 

稀に感想を頂く機会があり、「本当にありがとうございます」。

そこでの貴重なご意見がとても助かっております。

 

という事で「皆様の質問や相談を承っております」。

「悩んでいること」

「困ったこと」

「迷っていること」

などがあれば、ぜひご相談下さい。

 

 

よろしくお願い致します。

はてなのカウンターがおかしい

 

Google analyticsのアクセス数と一致しない。

*2020/11/21 20:20現在、analyticsが24、ブログカウンターが35

3日前くらいまでは多少の誤差はあれど、ほぼ同じだった。

 

今は、はてなのアクセス数カウントが多い。

 

Googleのカウントが変わったのか、はてなのカウントが変わったのかは分からん。

とりあえず「一致しなくなった」。

 

まあとりあえず、アメブロみたいな事になるのは勘弁ということで。

 

内定出ました。

 

という事で、経緯と結果などを。

 

◾︎受けた会社と状態

1、ORIHICA(紳士服のアオキ系列)

パート。

面接で落選。

 

2、UNIQLO

パート。

面接で落選。

*後に面接してくれた店長に訊いたところ「誰も採用しなかった」との事。

 

3、眼鏡市場

契約社員

書類審査落選。

*求人を出してるが、採用してない可能性極大。応募したのは2ヶ月前だが現在も募集してる。

 

4、カーディーラー〇〇

*地名が入るのでボカす。

社員。

書類審査で落選。

*同上。現在も募集あり

 

5、トヨペット

社員。

書類で落選。

*同上

 

6、人材派遣ITのクソ会社

社員。

書類で落選。

しかしながら、唯一の通知なし。

ハローワーク経由で申し込み、通知ありなのにも関わらず、だ。

ネット系、IT系はマジでクソ会社しかない。

絶対に入らないコトを強くオススメする。

 

7、マリンなんちゃら

社員。

ハローワークからの電話の時点で塩対応。

案の定、書類で落選。

 

8、アップル修理系サービス

*実名を出すと地名が絞れるため割愛

パート。

面接で落選。

 

9、イオンバイク

パート。

面接あり。

まだ結果未定。

 

10、ヤマダ電機

パート。

採用。

書類応募からわずか3日というスピード内定。

ハンパない。

ありがとうございます。

 

受けた総数10社

面接5社

書類審査を通ったのは「なし」

でした

 

◾︎ほぼ平均値だった

リクルートなんかだと、内定まで「平均8.6社」。

書類審査は通過率「約30%」。

ほぼ平均値で終わった。

ちなみに転職サービスやエージェントは「利用してない」。

リクルートに登録したら「紹介できません」と言われて、ブチギレて2度と使わないコトを決意した。

あんなもん使わなくても仕事は決められる。

自分で考えながら思う通りに進むのが一番良いと思う。

 

◾︎まとめ

10社受けて内定1社。

そのうちステルス求人が4社。

書類審査通過はなしでした。

ちなみにヤマダ電機はパート契約だが明確な社員登用基準があり、ちゃんと上を目指せる。

個人的には凄く良い結果になった。

そんな就活記でした。

 

体調の整え方

 

ストレスをかけ続けていて、上手く調整できない人が多い。

なので調整の仕方などを。

 

◾︎整え方

1、スマホやPCは3時間まで

多くても4時間。

理想は2時間未満。

*日々のやる事が多くてスマホに触らないのがベスト。

自分の日々の忙しさや、やりたい事との兼ね合いで決める…が、3時間を目安にしよう。

っつーのも、目が疲れると認識がおかしくなる。

疲れて焦点が合わない、人が悪く見える、イライラするなど。

目を使わないようにするためになるのだろう。

理由はさておき、結果として「目を使いすぎると良くない」。

3時間を超えると、明確に問題が出る。

 

2、1日3時間は外に出る

何もなくとも外に出る。

外=家じゃない場所で、3時間以上過ごす状況を作る。

*仕事を外で行なっていての休日であれば、引きこもりでも構わない。

環境が変わるとリフレッシュになる。

閉じこもってると、必然的にやる事がスマホかPCか本読むくらいで目を酷使するしかなくなる。

すると、変なストレスで病む。

なので外に出て目も身体もリフレッシュする時間を作る。

可能なら、景色の良い場所で遠くを見ると良い。

目も心も回復する。

 

3、軽い運動をする

基本はウォーキング。

午前と午後にやると良い。

毎日合計で3〜4km歩く。

それとは別で、ランニングやスポーツなどの「少し強度が高い運動」をする。

こっちは週2。

つまり「毎日のウォーキング」と「週2回の強度が高い運動」をする。

こちらもリフレッシュ効果と「身体を解す効果がある」。

同じ姿勢で何かをやってると、身体が固まる。

固まると力が入った状態になり、リラックス出来なくなる。

運動してあげる事で身体が解れ、リラックスできるようになる。

軽めにヨガもどきのポーズでストレッチをするのもオススメ。

とにかく、1日に何回か身体を動かし、解す。

 

4、休みを定期的に取る

短い休憩(10分〜1時間)を、定期的に入れる。

30分〜1時間に一度は入れる。

クセがつくまではタイマーを使ってもいいくらい。

休憩を習慣づける。

大体の場合、ぶっ通しやって疲れたら休むという方法を取る。

しかしながら、それだと「自分の許容量を簡単に超える」。

誰かと何かをやってれば、相手が疲れたりなんだりで休憩が入る。

一人での作業だと集中して没頭するため、その時間だけで1日の集中力を使い果たしてしまう。

意識的に休憩を入れる事で、現在の疲労状態を正しく把握する。

休憩後にもうやりたくないなら、やりすぎていた証拠。

無理しない事を覚える。

 

5、行動メモを取り、毎日チェックする

iPhoneならば、1日に何時間触っていたかはスマホに表示される。

それを毎日見る。

およそ何時間は快適に使えて、何時間を超えると疲れが残るのかを客観的に把握する。

同様に、「1日の運動量」「行動履歴(どこ行った、誰と遊んだなど)」を残しておく。

それを毎日チェックする。

どこまでが自分が快適に動けて、どこからが疲れすぎてしまうのか?

それらを把握するためにメモる。

 

6、肉体労働、頭脳労働(スマホやPC含む)は計6〜8時間まで

頭脳3時間+肉体労働3時間の「計6時間」がおよその限界。

それ以降は翌日に差し障る。

8時間以降はさらに能率も下がる。

疲れてる時は休もうぜ、というコト。

 

◾︎客観的に把握しよう

今、自分がどういう状態にあるのか?

ヒマすぎてストレスなのか、動きすぎてストレスなのか?

何をどれくらいやり過ぎて疲労状態になっているのか?

客観的に見ることで対策可能になる。

 

◾︎まとめ

家も外も同じくらい重要。

片方に偏るとストレスになる。

あと、集中し過ぎもストレスになる。

その対策するには客観的に見るのが必要。

何をどれくらいやっているのか?をメモに取ろう。

 

そして、約1名に告ぐが「このブログ読み過ぎ」。

文章だけ読むと、考えすぎるし、目は疲れるし、身体は凝るしで、暇つぶし以外のメリットが少ない。

これ読んでる時間で他の事…寝たり、外に出てゆったりしたり、ストレッチしたり、友人と遊んだりして、リフレッシュする時間を作って欲しい。

読んでくれるのは嬉しいし、稀に読む分には構わないが、毎日のように読むのはオススメしない。

 

休憩しながら上手く調整して下さいまし。

 

人は人との関係で自信を得てるっぽい。

 

人との関係で「自分を量ってる」と言う感じ。

以下に詳しく。

 

▪人との関係の中に「自分」がある

今までの他人との関係で経験した事によって、性格や立ち振る舞いが決まる。

軸は色々ある。

見た目、性格、勉強の優劣、運動能力の優劣など。

社会的に言えば、恋愛、友人関係、趣味における優劣など。

こういう経験の中で、自分の優劣を知る。

男性であれば、女性に話しかけた時に好印象を持たれるか、塩対応されるかという経験をする。

子供の頃から。

それが積み重なる。

当然ながら、女性に対してのイメージは全然違うモノになり、立ち振る舞いが大きく変わる。

素でモテるやつは「モテる経験をしてなくても」女性に好印象を持たれるし、そういう立ち振る舞いができる。

同じように、運動が得意なやつは進んで運動するだろうし、人と話すのが得意なやつはなんだかんだとリアルなコミュニケーションが上手い。

今までの経験値から、おおよそこのくらいできるという「自信」。

これは他人との関係の中でしか得られない。

 

▪「今」どうか?

最近「あまり人と絡んでない」としよう。

そうすると「今現在の自分に対する自信がなくなる」。

基本的にベースの性格は変わらないし、見た目も急速に劣化することはない。

*イケメンや美女は一生イケメンや美女だという研究もあり、それは俳優(竹野内豊オダギリジョーなど)や女優(深田恭子井川遥など)からも証明済み。

つまり「今までの経験値は正しい」。

しかしながら、実際にそれを経験してないと、自分自身では納得できない。

納得できないと「自信がなくなる」。

自信がなくなると、動きにくくなる。

そんなスパイラル。

 

▪無理してでも他人とコミュニケーションしよう

そうしないと「自分を見失う」。

ベースはやはり「他人との関係」での経験値。

この中の「自分」を自分の中で蓄積していく。

それでしか自分と言うモノが分からない。

自分では「自分を定義できない」。

他人がいて、初めて自分というモノの価値が分かる。

人は社会の中で生きるようにできてるんだな~と。

 

▪まとめ

人は「他人との関係で分かる」。

今までの経験値から出る「自信」こそが正しい。

あと、「今」コミュニケーションをする必要がある。

今の自分を他人から教えてもらう。

逆に言えば、他人にも教えているという事なのだろう。

…それはひとまず置いておく。

人とコミュニケーションしてこそ、人足り得る。

多少無理してでも人と絡もう。

*リアルで。ネット上の文字コミュをいくらやり取りしてもダメ。

人は社会の中で生きるように出来てる。

人と絡む方が幸せになれるよ、というお話でした。

 

ネットやテレビは「副業」。本業を頑張ろう。

 

ブログ書いててなんかしっくりこないな~と思ってたら結論に辿り着いた。

これ「副業」なんだわ。

その辺をちょっと。

 

▪ネットの有名人は「本業がある」

堀江貴文」「MB」「えなこ」「けんすう」など。

ネットで影響力があるから有名なんじゃない。

本業で確かな成績を出していて、結果としてメディアでの影響力がある。

ガチで本業をやり、その合間にメディアでの仕事もしている。

つまりメディアは副業。

まずやることをやってから他の事をやる。

 

▪まずは「本業」、もしくは「本業足り得るモノ」を見つける

何か一つ「真面目に取り組む」。

というか、続ける。

そうすればそれが足掛かりとなり、他の事に広がる。

 

◾︎本業が定まらないと何やっても微妙

なんせ「軸がない」から。

俺はこれをやっているという「軸」。

軸がないという事は、名刺がないも同然。

何やってるか分からない。

人にも伝えられないし、人も何を見ていいか分からない。

分からないスパイラル。

 

なもんで、本業というか「これやってます」という軸を持つor決めよう。

 

◾︎まとめ

副業を頑張っても遠回りになる。

何故ならそれは「軸足りえないから」。

自分にとっての「軸=本業」を見つけ、それをしっかりやろう。

そうすればそれが名刺になり、人に伝えられるモノになる。

 

 

オスが憧れるオスは不倫しても大丈夫。

 

ご存知。競泳の瀬戸大也選手。

叩かれまくり。

普通に疑問に思う。

「何故こんなに叩かれるんだろう?」と。

結論。

「優男だから」。

要は「同性から叩かれる」。

守ってもらえない。

*水泳業界や広告業界などの意思決定者は男性が多い。それらから守ってもらえない。

その辺りを少し。

 

◾︎不倫が許される人、許されない人

⚫︎許される人

千鳥大悟、オードリー春日、歌舞伎界の人達、落語会の師匠方など。

 

⚫︎許されない人

瀬戸大也、タイガーウッズ、ジャニーズの人達、研究所の人達など。

 

母数は少ないが、ある程度の傾向が見えて来る。

 

◾︎ポイント

1、同性からの支持はあるか?

男同士での評価。

女性から理解されるとか支持があるとかは全く関係ない。

それはただの「モテるクソ野郎」になるだけ。

男からモテる男であるかどうか?がポイント。

 

2、あったとして、威圧的な男らしい見た目か性格を持っているか?

支持を格上げする。

見た目は、男らしい筋肉質な身体や、髭が似合ってたりなどの「男から支持がある見た目」。

ケンコバのような
ジャニーズみたいな痩せ細った優男じゃダメ。あれは舐められる。

性格は大悟のような豪放磊落な形や、設楽のような嘘をつかずにリーダーシップを取れる「男らしい性格」。

いずれも、繰り返しになるが「女性から支持のある性格じゃダメ」。

男性が思うカッコ良さ、男性が思う男らしさを体現する人。

 

以上の人であれば、不倫をしても許される。

 

◾︎不倫がなぜ許されないのか?

なんであんな奴(瀬戸)がモテてんの?という事。

大して男らしくもねえ優男(男目線)が、女とやりまくってるという事実が気に入らない。

ただそれだけ。

女目線から言えば「優しそう」「話しやすそう」「大事にしてくれそう」など、ポジティブなイメージが多いはず。

しかしながら、男性目線ではそうならない。

ハッキリしない、繊細そう、弱そうなどから、要は「男らしくない」とネガティブな要素として見られる。

例えばだが、横浜流星が結婚し不倫をしたとしよう。

*もしくは激しい女遊びをした、とする

おそらくだが、早期に復帰すると思う。

それは、男が憧れる格闘技(フルコンタクトの空手)の世界チャンピオンだから。

華奢で端正な顔立ちであっても、ケンカしたら絶対勝てないという現実に対する憧れ。

菅田将暉だったら、おそらく復帰できないか仕事が激減する。

なぜなら「男が憧れる要素がない」から。

 

他でも、音楽業界でアイドルが売れてるのが気に入らねえと言ってる音楽関係者と同じ。

*音楽を作ってるわけでもなく、さしていい曲でもなく、歌がうまい訳でもないのに売れてるのが気に入らない。激しく同意する。

自分の文脈で理解できないから叩く。

そんな構図。

 

◾︎まとめ

瀬戸が叩かれまくるのは「優男だから」。

要は「同性からの支持がない」。

引き続き女からはモテるだろうし、競技でも結果は残せるだろう。

しかしながら、同性からの信頼を取り戻せるとは思わない方がいい。

それはそれ。

これはこれ。

なもんで、瀬戸大也が悪いという事ではない。

不倫という問題があり、自己の性格や見た目と支持者との関係で、この状態になったというだけ。

奥様は支えてくれるだろうし、また不倫もできるだろう。

*女性からの支持は高いため

それはそれ。

これはこれ。

 

不倫をするなら、男らしく不倫をしましょう。

支持者は変わらないので、男としてのレベルが高ければ問題ありません。

 

…まあ、あんま男らしいと「女からモテない」という壁にぶち当たるので、その辺のバランスを取りつつ上手にやってくださいまし。

 

就活の追記

 

コロナ禍なめてた。

ステルス求人と言うか、「求人は出してるけど採用しない」という企業があるとの内部情報を頂いた。

*主にBtoCの企業

さもありなん。

 

という事で、対策は二つ。

1、数を打つ

2、コロナ禍でも売り上げが落ちない企業を狙う

*スーパーとかドラッグストアとか

 

ちなみに、新卒は知らん。

採用年度に穴が開くと年齢バランスが崩れる(01~05年辺りの採用で問題になった)んで、厳しいっつってもそれなりに採用はありそう。

 

中途採用はなかなかの厳しさ。

考えながら動きましょう。

 

真面目にやるのもいいけど、手を抜くのも同じくらい大事。*短め

 

出川の充電させてくれませんか?を見て思った。

*深く考えない(考えられない)しミスは多いが、見ていて力が抜けて楽しめる出川を見て

「あ、適当でもいいんだ」と。

そしたら凄く心が軽くなった。

そして気付いた。

適当にやってもいいんだ、と。

*自分がキツい状態で無理してまでやらなくていいという意味。不真面目でいいという意味ではない。

 

社会はそこまで全力じゃなくもいいっぽいぞ。

もっとラクして60~80%くらいの力でとりあえず前に進めてれば生きていける。

感覚的に理解できないなら、もっとラクに適当に生きてるやつを見る事を習慣にしよう。

「バカじゃんあれ」っていうそれを見て、力が抜けて楽しめる自分がそこにいる。

 

頑張りすぎだ。

お前も俺も。

もっと適当に、力を抜いて行動しよう。

結果?

ラクにやってりゃついてくるだろ。

 

とにかく、もっとラクをしよう。

60%の力でをやるという事を基本で。

もっと適当でいこうぜ。

 

就活と恋愛がちょっと似てると思う件。

 

なんか既視感があったので書いてみる。

 

◾︎既視感

1、ゼロかイチかの差が絶大

まともな就職経験があるかどうか?という。

一度でもまともに就職(異性と恋愛)してると応用が利く。

してないと自信がなく、選ぶ基準が曖昧になりがち。

 

2、相手を選んでるうちは上手くいかない

あの企業(女)がいい!っつってるうちはうまくいかない。

同様に、あれは微妙、これは微妙と言ってる…即ち「選んでいる」うちはダメ。

全ての選択肢を試してみるくらいのノリでいる方がうまくいく。

 

3、選んでくれる企業(女)を大事にする方が満足度が高い

俺でいいと言ってくれる企業(女)に対して全力を尽くす方が満足度が高い。

「俺がいいと思う企業」よりも、「俺を選んでくれる企業」の優先順位を高くする。

ただしこれは人にもよる。

自己中を極めた方が上手くいく人もいる。

俺個人としては、俺を選んでくれる人のために行動する方が満足度が高いというお話し。

 

4、モテはじめる(企業内で評価が上がり始める)と引く手数多になる

企業(女)慣れして知識と経験が深まると、周囲の評価が上がり始める。

しかしながら、この時点ではもう「企業(パートナー)は決まっている」。

自分にとって一番大変なのは「決まらない時」。

評価が低くどうしようもないと感じる時に拾ってくれる企業(人)に恩を感じるし、大事にしようと思う。

お世話になった企業(女)を捨てて上昇思考で行くのも結構だが、チャンスをくれた方に大変お世話になった事は忘れてはならない。

 

◾︎まとめ

就職と恋愛って似てんな…と。

最初が一番大変で、自我が強すぎると決まんなくて、むしろ素のままの俺を選んでくれるところで全力を尽くす方が幸せで、上手くいきだすと引く手数多になる。

まあでも最初にお世話になったところは大事で、その恩は絶対に忘れない。

変に着飾りまくるよりも、今のままの経歴で、今のままの姿で評価してくれるところ探す方が良さげ。

採用してもらったら全力を出す。

そんな感じで。