精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

根本的に「人が怖い」という事に気付いた。

 

怖え。

完全に対人恐怖だわ。

人と会うのが怖え。

 

◾︎怖えけど、会ってみると意外と何とかなる

人に「とりあえず会ってみよう」と思えるか?

思わない。

怖い。

…が、会ってみると意外と何とかなるっていう。

これ、何個か前に書いた「行動前の憂鬱対策」がモロにハマるやつだわ。

 

◾︎ここを見てるやつは基本的にコミュ障は「いない」

やれば何とかなるのよ。

だいたい何処行っても馴染めるし、これといって嫌われた記憶もない。

どっちかっつーと、外から見ると「コミュ強なんじゃね?」って思われやすいタイプが多い。

…が、なんか壁があるっつーか、「他人と上手く絡めないと思ってる」。

んで、ストレス溜めて、どんどん壊れてくっていう。

対策は簡単で「とりあえず前に出る事」。

 

◾︎やれば何とかなると刷り込む

基本的に「やれば出来る」。

もちろん「物理的にできないこともある」。

筋トレしても筋肉がつきにくかったり、望み通りの結果が得られない事もある。

しかしながら「何かは得られる」。

その中でやってくしかないし、その中で自分に合ったものが出てくる。

 

◾︎怖さの克服

「怖いまま動く」。

特に「未知の場合は」。

何が怖いか分かんないけど怖いってのは、「現実じゃないものを怖がってる」。

実際にやってみて怖かったなら、それは怖い事で間違いない。

…が、やってもいねえのに怖い事は、ただ怖がってるだけ。

現実との差があるという事を念頭に置いた上で、それを確認するために行動する。

怖さを実際に確認しに行くって感じ。

実際にイメージ通りに怖ければやめれば良いし、怖くないなら克服できる。

「現実はどうなのか?」

これが重要。

 

◾︎まとめ

人が怖え。

克服のためには「確かめること」。

それが本当にイメージ通りなのか?ってのを確認する。

…逆に言えば、人が好きなのかもしれん。

好きだからこそ怖いし、失敗したくないっていう。

ビビった時こそ「そのビビリは正しいのか?」を確認しよう。

ん〜…俺も人に話しかけてみっかな、と。

 

殊の外アップル純正イヤフォンの音質が良かった。

 

新型iPhoneを買って付属を色々試してたら驚愕の事実が判明した。

純正の音がめっちゃいい。

その辺を少し。

 

◾︎音の良さの定義

個人的には「情報量」。

「どれだけ色々な音が聞こえるか?」っていうのが高音質イヤフォンのポイント。

ちなみに俺は「耳が悪い(音程が取れない)」。

カラオケで90点を出せるのは「ガチで1000回以上聴いた曲」で、かつ「現役で聴いてる時」しか出せない。

なもんで、細かい音質(原音に忠実とかその手のやつ)は知らん。

ただ「多くの音が気持ち良く聴こえるイヤフォンがいいイヤフォン。

それを承知の上で読んでほしい。

 

◾︎低価格イヤフォンは「こもってる」

サウンドピーツとかの、中華製イヤフォン。

解像度(音の明瞭さ。これがあると色々な音が聴こえる)が低い代わりに「低音が出てる」。

だから、ベース音が欲しい奴は「一見良く聴こえる」。

だがしかし、それは情報量を落とした結果なんだこれが。

 

◾︎音の解像度と低音は「別の要素」

外の音が聴こえないくらいの外音遮断をした上で聴けば、必然的に低音が上がる。

外の音が入らず、イヤフォンの低音が耳から逃げない故に起きる。

アップルイヤフォンは「密着しない」。

だから「音が軽く感じる」。

しかしながら、音が軽いからといって、音の解像度が低い訳じゃない。

ここがポイント。

 

◾︎アップル純正は高音質イヤフォン並みの解像度

ちょっと前に1万円のイヤフォンを買ったことがを書いたが、それに近い音がする。

細かく言えば、もちろん高いイヤフォンの方が全てワンランク上の音がするが、それは当たり前。

そうじゃなくて、中華製イヤフォンの「重くて解像度が低い音」ではなく、「ちゃんと音を聴かせるための解像度がある」。

ドンシャリが好きな若い奴は物足りないだろうが、落ち着いて音楽を聴きたいなら、純正イヤフォンは充分な選択肢になる。

 

◾︎余談

最近の純正品は凄え。

特に二輪業界で顕著なんだが、近年はバイクをイジると遅くなる

例えば、カスタムマフラーを入れると「加速悪化」「燃費悪化」「最高速微増」っていう惨憺たる結果になる。

昔は、マフラー換えて最高速アップ、変速機を換えて加速アップってのがカスタムの主流だったのに。

な関係で、過去スクーターカスタムで「マスト」と言われた「プーリーカスタム」も、最近は入れるとバランスが崩れる。

*プーリー=無段変速機。これを変える事で加速のバランスを変え、最高速を伸ばす事が出来た。

社外がやる気なくなったんじゃなくて、純正品の品質が上がってる。

排気ガス規制やらの関係で、メーカーが全力を賭して開発し、限界ギリギリまでバランスを取ってるのが要因。

昔はコストの関係で「適当さがあった」。

だから、社外の突き詰めたパーツを入れれば改善出来た。

今はメーカーが既に突き詰めてる。

だから、年々社外の入る余地がなくなってる。

アップルイヤフォンは「音の遮断性」「製造コスト」の2つで明確な縛りがある。

特に音の遮断性を高められない部分に不利があって、そこに特化してるイヤフォンはアドバンテージがある。

*遮音性を高めると「救急車の音が聞こえない」とか安全上の問題が出るので、デカい企業は採用できない。

製造コストは「服」が分かりやすい。

服の「質感」って、誤魔化しが効かないのよ。

いい革は「一目見れば分かる」し、いいウール素材(いいスーツ)も即分かる。

この辺の「人間の感覚」って凄いのよ。

「なんかカッコいいに集約される」んだけど、皆んな言語化出来ないだけでなんとなく分かってる。

イヤフォンも同じで「この素材じゃないとダメな音」ってのがある。

そこはいくら頑張っても物理的に届かない領域になる。

ポイントは「一般ユーザーはそこまで望んでない」って事。

一般ユーザーは10万円のジャケットなんて買わねえし、3万円のイヤフォンも買わないのよ。

「限られたコストの中でいいモノを作る」。

それで言えば、アップル純正イヤフォンは1万円以内のイヤフォンにはまず負けない。

俺が買ったイヤフォンは「3万円クラスの機器と比肩しうるレベル」のやつだから劣るだけ。

もっと言えば、普通の人が買うレベルの「5000円以内」って価格帯だと最強クラスのパフォーマンスがある。

高価格帯でガチなやつを選ぶか、純正を使ってる方が幸せになれるぞ。

 

◾︎まとめ

純正イヤフォンはプチプラ。

それだけを説明するために「約2000文字かかった」っていう。

…なにこれ?

天才的に文章上手いやつは500文字とかで書けんのかな?

純正イヤフォン、良い音です♪

 

ターゲットに自分を合わせるのか、結果的にターゲットが定まるのか?

 

俺は後者が自然だと思ってる」。

理由をば。

 

▪️ターゲット属性に合わせると長続きしない

ブログの基本は「自分が書く」という事。

まず「自分以上にはなれない」。

身の丈に合ってねえ事してもバレるし、内容が薄くなる。

あと、自分を曲げて書いてても最終的に「辛くなる」。

だって無理して書いてるんだぜ?

自然な自分じゃなく、対象に合わせて自分を曲げながら書いてる。

それが楽しいなら構わない。

しかしながら、合わせたくもねえのに合わせないと読んでもらえないと思ってる、もしくはアクセス稼ぐために割り切ってるってんなら、どっかで破綻する。

破綻=ブログの終了。

 

◼︎ターゲットは「結果的についてくる人を指す」

そう。

後付けで決まる。

自分が自然に書けるモノを書きまくって、それを読んでくれた人がターゲット属性になる。

だから、分析すべきは「誰に読まれたいかではなく」、「誰が読んでくれているのか?」だ。

妄想ではなく、現実的に読んでくれてる人を知る事。

自分が合わせるのではなく、自分が合った人を受け入れる。

 

⚫︎女性に読んでもらいたいなら、女性向けのコンテンツを作らない事

女性に合わせた何かを作るのではなく、女性にウケる「自分が持っているコンテンツを探す」。

料理をする、健康に詳しい、ファッションに詳しい、など、自分の中にあるコンテンツを出す。

そして「結果的に女性に読まれたコンテンツを作る」。

もし作れないなら、向いてないんだから諦めろ。

自分が興味あるコンテンツを出しまくって、自然体で書いて、それに集まる人が「自分に合った人」。

誰かに媚びて、自分を曲げてまで読んでもらってもしゃーない。

それは「俺じゃない」んだ。

 

◼︎どこまでやれるか?

あなたが他人のために自分を粉にしてまで奉仕できるってんならそれも良かろう。

逆に、自分の感情に嘘はつけねえっていう御仁もあろう。

それはそれ。

自分の個性だからしゃーない。

思った通りにやって欲しい。

それが最も後悔しないし、自分も納得できる。

 

◼︎まとめ

ターゲットは「結果的に定まるモノ」。

個人的には、こちらから指定して読んでもらうモノじゃないと思ってる。

今ここを読んでくれてるあなたが、俺の結果的なターゲットになる。

んで、あなたが楽しめるモノを提供するのがベストなんだろう。

…が、困ったことに、あなたの顔も姿も雰囲気も分からない。

「あなたが何を求めてここを見ているのかが分からない」。

合って話してれば、だいたい「何を知りたがってるのかが分かる」し「それに答えられるかどうかも分かる」。

ま、とりあえず自分が思った事を書いていく方向で。

その結果、勝手に、半ば自動的にターゲットが決まるよってお話でした。

やれる範囲でやっていきましょ〜♪

 

一定以上のオナ禁信望は宗教と同じ。

 

もの凄く「宗教の匂いがする」のよ。

やれ「オナ禁で彼女ができた」「オナ禁で生活が変わる」って。

これ「雑誌の裏広告と何も変わらない謳い文句」だからね。

皆んな気付いてんのかな?

 

◾︎オナ禁はあくまでも「オナニーのしすぎを正すだけ」

人の精子には熟成期間があり、毎日出してたら精子の質が落ちる。

それに伴って、女を妊娠させられなくなる。

これは女サイドから見れば「役立たずと同じ」。

俺らが50代の閉経した女性に欲情するようなもの。

ないとは言わないが、可能性は限りなく低い。

それよりも、もっと健康的で着床率の高い卵子を有した女性に欲情するようにできてる。

要は「子供を産むために必要な能力を備えてるやつが魅力的に映る」っていう当たり前の話をしてるだけなんだわ。

*男女共。質の高い精子卵子を持ってるやつは引っ張りだこ。

 

◾︎オナ禁で人生が変わるなんて本気で思ってんの?

その他人に縋る姿勢こそが人生が上手くいかない根本的な原因。

オナ禁で人生変わるわけねえだろうが。

筋トレしたら人生が変わるとか、本読んだら人生が変わるとか、全部一緒なんだわ。

マッチョになったって実生活に一切役に立たないし、本読んでたって行動しなきゃ全く意味がない。

なんでも突き詰めれば金になるけど、そのためにかなりのモノを犠牲にする必要がある。

単純な話で、毎週女とセックスしてストレス知らずな人生を送るのと、オナ禁でストレス溜めまくって人生成し遂げるのと「どっちがいい?」っていう。

俺は毎週セックスしてストレス知らずの人生を送りたい。

何かを成し遂げるほど頑張れないし、それを維持することも出来ない。

 

◾︎何かを成し遂げには先天的な才能がいる

偏執的な固執能力(強迫症)か、何かを犠牲にして得ている力。

天才って神経症なのよ。

神経症だからこそ「変人のようなこだわりを見せる」。

オナ禁って普通の人は無理だからね。

生物的な仕組みでもそうなってる。

これを出来るのは…

1、どんな事をしても成し遂げんとする意思を持つ人

2、健康的な機能を損なってる人

この2パターンしかない。

1は女と過ごすリラックスタイムを捨て、ただすらオナ禁をすることだけにこだわる事を意味する。

それは果たして正しい選択なのか?

問題は2。

健康を損なっててオナ禁60日なんて余裕だからな。

筆者が60日を達成した時は「不健康な時」だった。

食事改善もまだで、寝起きの時間もまちまちで睡眠に注意を払ってなくて、禁煙開始直後、酒もまだ飲んでた。

要は「不健康だから性欲が落ちてた」って事。

元々の機能が落ちてるのに「出来ました」って言ってるだけ。

健康で堅強な15歳以上の男は「2週間以上のオナ禁は無理」。

最初にオナ猿だった場合のみ1ヶ月可能。

精子のストックがねえから、それが満ちるまでの猶予期間がある。

それ以上はストレスで禿げる。

要は「頭がおかしい記録は「頭がおかしい人が出してる記録なんだ」という事」。

お前が「ある程度まともなら」、絶対に達成できない。

これは「健康になった今だからこそ言える」。

なんらかの矛盾(歪み)がないと、突出した記録は生まれない。

 

◾︎まとめ

オナ禁信望は宗教と同じ。

ハマる仕組みも宗教と同じ。

これをやれば救われるってハマる。

んなわけねえだろうが。

それに頼ってる時点で上手くいくはずがない。

 

んで、突出した記録は「歪みの向こう側で生まれる」。

お前が何をしたいのかは分からない。

…が、普通に彼女作って平和に暮らしたいなら深入りするな。

元々「ライトなモノ」だったのよオナ禁って。

性欲が落ちて、生身の女性に対する意識が落ちるのを改善しようっていう。

それが今や非モテにとってのマスト」になってる。

変な話、こっち来た時点で終わってる。

目を覚ませマジで。

こんなに気持ち悪い世界になってるとは思わなかった。

何を見て何を信望してるかは知らんし、それはお前の選択だから自由。

ただ俺は、今のオナ禁の流れは気持ち悪い。

そして俺はオナ禁はほぼ終了してる。

週一解放…っつーか、明らかに異なるイライラを感じた時とか、性欲のピークを感じた時は普通に抜いてる。

それが一番快適に過ごせるからね。

 

ま、それも含めて「色々やってみて」くれ。

ただ、まあ「何か違和感を感じる」なら、一歩距離を置くのも1つだと思うぞ。

 

アクセスが伸びてるけど、やってる事は100pv以下の頃と変わってねえ。

 

驚愕の伸びを体験した。

 

◾︎具体的な数字

⚫︎8月まで

1日300pvくらい。

これでも雑記ブログにしては「出来過ぎの数字」。

だいたい1日100pvを超えるまでが「ひと山」とされ、6月辺りは100pvすら届かなかった。

なもんで、結構読んでもらえてる感じで満足してた。

 

⚫︎9月3日まで

ここで「500pv」に増加した。

まあ「オナ禁」なんて特殊な事してるからかな〜と。

もう充分な数字でこれ以上は伸びねえ…っつーか、伸びる事を考えてすらいない感じ。

自己満足としてはここで達成した。

 

⚫︎9月4日から

「1000pv」になった。

オナ禁Google先生にスマッシュヒットして数字が爆上がり。

このブログで一番人気がある記事だけで「200pv」になった。

…が、「人気記事の順位は変わってない」。

要は「100pvの時に人気があった記事がそのまま伸びてる」。

だから、今も昔も「記事の書き方は変わってない」っていう。

 

⚫︎現在(2018/09/19)

2000pv越え。

驚愕。

上記の通り、記事の質は変わってない。

新しくスマッシュした記事もない。

ただ、今までやってきた事が皆んなの目に止まるようになったって感じ。

結局、100pvの時に読まれる記事をかければ、1000pvでも2000pvでも同じ。

0-100pvの区間が最も辛いが、そこの壁とそれ以上の壁は「同じ」。

マイペースに模索しながら、まったりやるのがベスト。

 

◾︎まとめ

驚愕の伸び率。

どこまで伸びるかは分からん。

読んでくれてる読者様はガチでありがとう。

しかしながら、俺がやってる事は「駆け出しの頃と何も変わらない」。

読者様が増えてフィードバックを得やすくなったのはデカいが、俺が出来る事もやれる事も大きくは変わってない。

マイペースでまったり行きましょう。

そんな感じで♪

 

iPhoneXSmaxが月月割で買える最後のiPhone。

 

名機の予感しかしないので最速で予約し、本決定した。

そこで、欲しくなったポイントと、買うに至った超重要な理由をば。

 

◾︎超重要な理由

月月割が利く最後のiPhone

月月割って、要は「ソフトバンクが端末料金を負担してくれる」ってやつ。

これが「2019年1月から申し込み不可能になる」。

代わりになるのは「4年縛り+端末買取」のシステム。

要は、2年に一回買い替え確定&その時に端末を返してくれるなら、残りの2年分はタダにしますよって事。

例えば、iPhoneXSmaxの携帯端末料金が「7000円」としよう。

1、月月割

3000円がソフトバンク負担で端末から引いてくれる。

俺らが払う額はこの時点で「4000円」。

これに下取りサービス(900〜1000円)を加えると「4000円引き」。

俺らが払う実質負担は3000円。

2、4年縛り

7000円は「24カ月(2年)の値段」。

4年縛りだと48カ月で半額。

つまり「3500円」。

そこに下取りサービスを加えると「2500円」。

…だがここに罠がある。

2500円は「最初の2年だけ」。

下取りサービスは「下取りする端末があるから利用出来る」。

2年後は「端末がない」。

端末を返す代わりに半額負担になるという契約だから。

これをどう捉えるか?だ。

 

⚫︎払い終わった端末をもう一年使いたい場合

24ヵ月明けたけど、次に欲しい端末もないな〜って時。

月月割だと「3000円の負担が減る」。

端末代金分が安くなる。

4年縛りだと「延々と買い替え」。

もしくは「ずっと変わらない」。

返す約束をしてる分安くなるんだがら、返さないと安くならない。

筆者は同じ携帯を3年以上使った事がないから何とも言えない部分ではある。

…が、選択肢が減り、かつ値段が上がったって事だけは確か。

次はマジでMVMOに変える時期。

2年後は腹を括ってキャリア変更になる。

 

⚫︎4年縛り絡みの要点

1、端末が自分のモノにならない

2、そのくせ月額が変わらないという「実質の値上げ」。

3、MVMOを駆使すると、端末だけ公式で買っても月額が安くなる。

*詳しくは後述。

4、月月割は2000円ほど高いが、端末が自分のになる事と、移行の手間がいらない分で「ギリ」相殺可能なレベル。

*2年間で48000円差。これをどう捉えるか?で変わる。

以上!

 

◾︎欲しくなったポイント

「画面がデカイ」

これ。

これ最高のポイントなのよ。

俺は「画面がでかくなったモデルはほぼ全部買ってる」。

初代iPadも買った。

*持ち運びが不便すぎ&追加で金がかかるのがキツかったので手放した。

画面が大きいのってあらゆる恩恵があるのよ。

 

⚫︎画面が大きいメリット

1、見やすい

動画も、文章も、何もかも。

とかく「iPhoneを利用してるストレスが軽減される」。

iPadでネット見たことあるやつは分かると思うけど「めちゃくちゃ見やすい」のよ。

大画面(10インチ)って。

画面に表示される情報量が多いし、動画も大きい。

これが「多大なるメリットをもたらす」。

 

2、文字入力の楽さ

特に俺は「フルキーボード入力をしてる」から、恩恵がデカイ。

文字が小さいのは「ストレス」。

打ち間違えるストレスは半端ない。

画面が大きくなると、めちゃくちゃ打ちやすくなる。

 

3、高スペック

物理的に大きくなるって事は「それだけスペースが生まれる」。

バッテリー容量なり、チップの大きさなり、搭載できる容量が増す。

だから、サイズが大きいほど高スペックになりやすい。

 

◾︎どこまでが許容範囲か?

iPad mini手前まで。

昔っつか今もだけど、メモ取らなきゃ行けない時用の「手帳」ってのがあるだろう。

常に持ってるやつ。

今のiPhone plusがちょうど同じくらい。

もうちょい大きいくらいまでは許容できる。

だから、iPhoneXS maxの大きさが許容範囲ギリのサイズになる。

非常に丁度いいのよ。

故に俺は迷わずポチった。

 

◾︎まとめ

月月割が終わったぞ。

もう携帯は買うものではなく「レンタルするもの」になっちまった。

MVMOは、楽天のやつ使えば「月額が2500円で済む」。

*3年縛りだが。縛りなしだと+1000円。

んで、端末代金はさっきの通り7000円。

よって、9500円で済む。

*アップルケア追加で約1200円プラス。計10700円。

ソフトバンクの月月割適応(+アップルケア)なら12000円ちょいだから、月額2000円差くらい。

これで、端末が貰えるから「大差ない」。

4年縛りだと、12000円で端末が貰えない。

注意点としては、キャリアを変える時に端末代金が残ってると「一括で払わされる」。

だから、タイミングを計ってたんだが、次の月月割が終わるタイミングでは躊躇いなく次へ行く。

こんだけ損するとさすがに許容範囲外。

 

そして、画面が大きい方がメリットが大きい。

んで、今回の大きさは「色々と丁度いい」。

物理的な大きさは少ししか大きくなってないけど、画面自体は「凄く大きくなってる」。

iPhone plus比。iPhone X比だとそうでもない。

個人的に、今iPhone7 plusを使ってる関係もあって、いいタイミングだった。

あんま人気ないらしいけど、関係ない。

俺が欲しいから買う。

 

来週どうなるかお楽しみに〜♪

 

オナ禁て本当に効果的なの??

 

新しい事をするという意味では効果的。

 何でもそうだが、それ以上は個々人の資質による。

 

◾︎状況も、求めるものも「個々人で違う」

モテたいと言いつつも、心底では生活改善を願ってたりとか、求める物が違ったりする。

モテたいだけなら割と簡単なのよ。

女がいるところに行けばいい

そうじゃないから困ってるってのが、このブログの特徴。

何でかって?

俺がそうだから。

似たような人が引き寄せられるのよ。

 

◾︎1つ禁欲系が出来ると、連鎖的に色々できる

要は「セルフコントロールが上がる」。

禁煙が出来れば禁酒も出来るし、食事改善も可能。

オナ禁ができれば、筋トレも続く。

連鎖的に色々可能になる。

結果「目標に対して進む力が鍛えられる」。

自分は何が嫌で、何が好きで、何が出来るのか?

どれくらい無理できて、どれくらいまでが楽しい範囲で、何をするとテンションが上がるのか?

例えば、筋トレマッチョに向かって努力したけど、実際の生活との兼ね合いで「自分に取ってのベストポイントが分かる」。

完全マッチョになるべくゴリゴリの筋トレをするのが楽しいのか、身体を動かすのが気持ちいいくらいの運動量がいいのか、など。

俺はもう「筋トレは辞めた」が、これは自分なりに色々試した結果たどり着いた答え。

こういうのを知り「自分に合った目標達成の仕方を知る」。

 

◾︎自分に取って丁度いいバランスを知る

自堕落すぎてもヤバいが、禁欲過ぎてもヤバい。

例えば「射精する回数」。

筆者は30代半ばで、運動もサプリも食事も色々やってる関係もあるが、「1週間に一回、3回まで」がベストで過ごせる。

最大でも5回。

これ以上出すと「明確に身体が重くなる」。

毎日やるってのも「やればできる」けど、超雑になる。

思い切り楽しめる回数ってのが、週1で3〜5回まで。

 

逆に、2週間以上溜めると「イライラしまくる」。

可愛い女連れてでイチャイチャしてるカップルを見るとぶっ殺してやろうかと思うくらいイラつくし、良い女見ると即やりたくなる。

「毎日が気持ち良く過ごせない」。

コントロールできる範囲で「女を抱きたい」って思える程度のメンタルに調整しておくと非常に楽。

 

仕事でも似たような感じ。

自分に取って「金が重要なのか?」「人が重要なのか?」。

俺は人生の中でずっと「人重視」だった。

その辺の価値観も、オナ禁や筋トレで「もがいた経験がある」と、すっと自分に落ちる。

 

◾︎試行錯誤の経験はこれからも活きる

自分に取ってベストな選択は何なのか?

アイドルみたいな可愛い子と一緒にいるのがテンションが上がるのか?

それとも、顔はイマイチでも心が優しくて、一緒にいると心が温まるような子と一緒にいる方がいいのか?

俺は「完全に後者」だった。

ただやれれば良いというより、心の触れ合いっつーか、相手を想ってる感覚とか態度が伝わる子と一緒にいたいと思う。

一緒にいて気持ち良くないやつと我慢して一緒にいたいとは思わない。

*男でも女でも。

そういうのを「自分で見つける」。

そのためのキッカケとしてのオナ禁なら、まあ悪くはないと思う。

 

◾︎まとめ

オナ禁は「セルフコントロールアップ」

「試行錯誤の経験を積む」

という意味ではオススメ出来る。

逆に言うと「オナ禁じゃなくても別に良い」。

何か一個、結果を出すべくやってみて、自分に合ったポイントを知る事。

そして「そのポイントで自分が納得する事」。

絶対に何をしても結果を出してやると思うなら、それでいい。

逆に、ほどほどのポイントで自分が気持ち良く過ごせるのが一番いいと思うなら、それでもいい。

とにかく「自分がどう感じるか?」。

これを知り、自分に合った選択をするために活かす。

自分は自分にしかなれない。

自分が最も気持ちいいポイントを知るための手段にして欲しい。