メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

根性で痩せると100%リバウンドする。

 

根性で痩せるって事は「我慢してる」って事だから。

「その体重が普通の状態」にするのがダイエット。

 

◾︎「普通」の範囲の規定

男性は体脂肪率15%以下。

女性は体脂肪率25%以下。

よりシビアにやったとしても…

男性12%

女性22%

ここまで。

これ以上は「無理しないとダメ」。

 

◾︎普通を超えると「ストレスが増大する」

まともな食事にチェンジした上でやると分かる。

これ以上は「明確に活力が落ちる」。

パレオ式ダイエットや地中海式ダイエットをやると「セットポイント」という概念が身体にもたらされる。

要は「食い過ぎ防止」と「今必要なエネルギー」を脳が自動計算してくれるようになる。

運動したら炭水化物が欲しくなる(グリコーゲン回復のため)し、運動しなければ腹が減らなくなる。

これに任せて生活してると、だいたい「体脂肪率15(25)%に落ち着く」。

これを「理性で我慢する事で」それ以下の体脂肪率にする事ができる。

 

◾︎無理に食欲を押し込むとどうなるか?

代謝がおかしくなる」。

メシが入ってこないということは、要は「飢餓状態」なわけ。

飢餓状態なら「食わなきゃいけない」。

しかしながら「入ってこない」。

じゃあどうするか?

「身体を動けなくする」

そして「身体の効率を良くする」。

これでバランスを取る。

 

1、身体を動けなくする

甲状腺絡みの問題がこれ。

ホルモンの絡みの代謝異常が出る。

主に「生殖能力」。

飢餓状態で子作りなんてしたら死ぬから、まずこれがオフになる。

次に「運動ができなくなる」。

グリコーゲンの枯渇+代謝異常で、動く気力がなくなる。

動けばカロリーを消費するから、動けなくすればいいって単純な発想。

 

2、身体の効率を良くする

エネルギーが無くなったら死ぬ=脂肪を使い切ったら死ぬ。

よって、先に筋肉から削っていく。

動けない方がいいし、筋肉が主にカロリーを消費するんだから、まさにwin-win

そして、最小限の脂肪で、最大限の効率を引き出そうとする。

脂肪を使う効率を上げる。

つまり「食ってないのに痩せない状態になる」。

 

◾︎対策

「じっくりと落とす」事。

1か月で体重の5%が上限と言われる。

70kgなら「3.5kg」。

50kgなら「2.5kg」。

これを全部「脂肪で落とせれば」めちゃくちゃ痩せたように見える。

…ここまではいいな?

 

◾︎摂生して落とした分は「100%リバウンドする」

だって「ストレスになってる」んだから。

セットポイントを割る体重を維持すると分かるが「常時腹が減ってる」。

もちろん「めちゃくちゃ機嫌が悪い」。

身体を「ワザと飢餓状態にする」のが、ダイエット。

「飢餓状態の負担」ってのは甚大。

長い間それを維持するのは無理。

ボディビルダーは大会が終われば戻すし、アスリートは体脂肪率が低すぎると体力がなくなる。

俳優も撮影の時にしか下げない。

 

◾︎美容体重は「特殊な状態」

維持する事にすらストレスを伴うレベルで。

俳優や女優、コスプレイヤーのような「見せる職業」なら構わない。

しかしながら、一般人がこれをやっても「すぐ戻る」。

普通以下の状態は「それなりの代償がある」と知っておいて欲しい。

 

◾︎まとめ

食事を変え、自然に痩せられる所で止めよう。

それ以上は「見せ技」。

維持するためには相応の代償を払う必要がある。

普通が一番。

それで充分「カッコいい(可愛い)」から大丈夫。

やり過ぎないようにね〜。