メンタルと健康とモテ。読者さま御礼。

読んで頂いている読者様に支えられて記事を更新しております。

女に貢いでも失敗する理由と「現実の境目」。

 

誰しもが一度は経験する「それ」。

女にテンション上がって突撃して、完璧な返り討ちにあうという。

*コメントを頂いてから印象が変わった。おそらく出来ることは全てやり、望む結果を手にしている。

二次元だろうが、三次元だろうが「いつ何時でも起きる」という事を少し。

 

▪事例

のんのんさんが完璧な事例をご掲示くださった。

nonnon-mens.hatenablog.com

 

簡単にまとめる。

1、ファンが最高額を投げ銭し、熱いメッセージを送った

2、ガン無視

3、ファン騒然

以上。

詳しくはリンク先を読んで欲しい。

何をどうやればあんなに分かりやすく、面白く書けるのか分からない。

凄くリラックスして見れて、かつ笑いもある記事ですので、ぜひご一読下さい。

 

▪注意点を整理

まず記憶しておいて欲しいのは「自分もそうなる可能性がある」という事。

外から見てる分には「アホだわあいつ」となる。

しかしながら、自分が同じ状況になった場合、「同じ行動をとる可能性が極めて高い」。

故に、一度「俯瞰する必要がある」。

そのための注意点を羅列しておく。

 

1、勝手にテンションを上げるとヤバい

要は「妄想でテンションを上げるとヤバい」。

実際に会って話したわけでもなく、電話したわけでもない。

単なる想像や妄想で「好きが膨らむような状態は危険」。

タイムラグがないコミュニケーション方法で一緒にテンションを上げていってるんならともかく、ラインやツイッターのような時差のあるコミュニケーション方法で一方的にテンションを上げてもダメ。

それは「妄想」であり、妄想で感情が爆発して突撃すると「爆死する」。

 

2、会わないとヤバい

「会ってる」と「それ以外のコミュニケーション方法」には、名状しがたいほどの差がある。

特に、相手が理解できない「男女の関係においては」。

*同性ならおおよその予想もつくし大雑把でも問題ないため大丈夫。

「会っていて好き」なのか、「会っていないけど好き」なのか?

ここには「妄想」と「現実」の明確な差がある。

「会ってないのに好き」であれば一歩引いて観察し、実際に会ってみるようにする。

 

3、一方的に「これをしたい」と思い始めたらヤバい

投げ銭」もそうだし「貢物」もそう。

もっといえば「告白したい」とか、「セック〇したい」とかもそう。

お気付きだろうか?

「相手が欲しがってるかどうか?」という視点に欠けてしまっているという事に。

相手が投げ銭を求めていたから投げ銭したのであればいい。

もしくは、相手が好きだと言ってほしいから告白したのであれば。

相手が欲しい行動は「相手を喜ばせるため」であり「相手のためにしている」。

しかしながら、一方的に投げ銭をしてリアクションを求めたり、自分の感情に整理がつかなくなって告白して対価を求めるのは「自分のため」。

自分のためにしている行動は、相手を無視しているという事。

それ即ち「妄想」という。

 

▪妄想はヤバい

誰のために何をしているのか?

目の前にその人がいないのに?

インターネットとはそういうものであり、画面を見てるという事は「そういう事」。

このブログの全ては「妄想」であり「現実ではない」。

 

▪いつ現実になるのか?

俺があなたに会った時。

もしくは「直接」やり取りした時。

俺があなたと会話し、あなたの感情を感じ、理解し、あなたに合った言い回しを選択し、会話をする。

その時に初めて現実となり、感情が意味を持つ。

それ以外の状況では、単なる「妄想」である。

 

▪「ファン」の状態では「妄想と変わらない」

直接かかわりを持った人だけが、その人にとっての現実となる。

 

*追記(2020/07/18)

おせう氏のブログ

http://archive.vn/zFBsV

をキッチリ読んだら、印象が変わった。

おせう氏が投稿した目的は「認知されること」

そして「リアクションをもらう事」。

つまり、目的は達成している。

200時間の超大作文は「相手に認知され(読み上げられ)た」。

元々の目的は達成しているため、問題は何もなく、むしろ達成感がそこにある。

さらに相手にはもう認知されているため、また投稿すればリアクションはもらえるだろう。

問題は何もなく、むしろ騒いでるのは周囲だとすら言える。

自分の失敗(と感じていること)をネタに出来る強い人である事だけは確か。

目的は達成しているので、おめでとうと伝えても良かろう。

 

▪まとめ

誰しもが妄想し、突撃し、返り討ちに合う可能性がある。

その根源となるのは「妄想」。

では、妄想はどこからなのか?

ツイッターでちょっと絡んだだけの人は「現実」なのか「妄想」なのか?

直接絡んだことのない、いわゆる「ファン」は「妄想」なのか「現実」なのか?

では、「どこからが現実なのか?」。

目の前にいる人は100%現実。

しかしながら、直接ラインやDMで絡んだ人は「現実」か「妄想」か?

あなたの恋愛感情は「妄想」か「現実」か?

自問自答してみて下さい。

恋愛は「現実の女とするモノ」です。

妄想の女に突撃したら死にます。

だってそれは「妄想」だからね。

 

チェックしてみて下さいませ。