メンタルと健康とモテ。読者さま御礼。

読んで頂いている読者様に支えられて記事を更新しております。

弱い人=強い人。

 

ちょっと連続で痛みを感じる経験があってから分かった。

*就活の連続失敗、女に縋ってフラれるなど。

「弱い人」即ち、弱さを隠さない人は、実は強い人なんだ、と。

 

◾︎成功は失敗の上に築かれる

1発で成功してそのまま成功し続けるなんて事はない。

必ず失敗した経験があり、痛い目をみている。

それでもやってきたからこその「成功」なのである。

何回もやってれば痛みを感じるのは当然であり、痛みを知らない強さは偽物。

 

◾︎弱い人は「弱さ経験として知ってる」

チャレンジした人だけが「チャレンジする怖さを知り」、挫折した人だけが「挫折した痛みを知っている」。

チャレンジしたり、失敗したりしたからこその「弱さ」を知る。

当然、同じ経験をした人に優しくなるし、弱さを見せる事ができるようになる。

なんせ「そういう経験をしているから」。

 

◾︎強いのは本当に美学なのか?

社会的に「ハッタリ」として強さを使う事はある。

しかしながら、個人の関係として「強さを売りにする」のは、本当に正しいのか?

痛みに耐えて耐えて成功した人と友達になりたいのか?

それとも、自分と同じような経験をし、弱さを受け入れながら生きている人と友達になりたいのか?

強い人とは、失敗をしてない人か、失敗した痛みに耐えまくってる人を指す。

それをどう捉えるかはあなたに任せる。

 

◾︎まとめ

弱い人は失敗を知る人。

失敗を知っているのは「チャレンジしたから」。

弱さを知ってからがスタートラインとすら言える。

もちろん「何もしない弱い人は論外」ではある。

しかしながら、経験として弱さを知ってる人は、むしろ強い人。

失敗を知ってこそ強くなれるのではないかと思う。

 

そんなまとまりの無い感じで締めてみる。

 

皆んなも「実際にやってみましょう」ね。

それでこそ「痛みを知り」「成功を知り」「経験として知るコトができる」のですから。