メンタルと健康とモテ。読者さま御礼。

読んで頂いている読者様に支えられて記事を更新しております。

ネットには努力する人しかいない。

 

昔の職場の先輩と久しぶりに話した。

そしたら昔の記憶を鮮明に思い出した。

「昔の俺ってマジでなんも努力してなかったな」と。

 

◾︎現実は努力しなくても生きていける

その場で求められる分の努力しかしないで生きてる。

思えば学生の頃からそう。

学校に行かされて、そこで何となく勉強して、流れで部活に行って、塾に行く。

そこに俺の意思などほとんどなく、とりあえず「決められてるからやってる」っていう。

金が欲しいからバイトして、そこで求められる分の仕事をして、あまり努力することなくそこにいた。

進学しろというから進学し、就活をやれというからやった。

仕事もほぼ言われるがままに覚え、自分で考えて実行する事などほぼなかった。

その繰り返しで進んで行き、ほぼ自分で選択せずに生きてきたという。

緩く、ある意味では「幸せな」人生だった。

5年前にそこを出てから地獄を見たけどな。

 

◾︎ネットは「努力する人達が集まる場所」

何か目的があり、何かを努力し、ここに到達してる(他人の目に映るようなことをしてる)。

俺らの目に映る「それ」は、誰かの努力によって出来上がっている。

ネットで何かするという事は、誰かの努力に触れてるということで、現実とはまた全然違う情報を受け取ってる。

 

◾︎ここが現実ではなく、現実はもっと楽なモノ

努力しすぎだわ俺ら。

こんなやんなくたって生きていける。

適当に皆んなの輪(それなりにデカい企業)に入って、サボりまくりながら適当に言われたことやってりゃ生きていける。

アホみたいに頑張んなくても大丈夫。

 

◾︎人は「今見てるモノ」に反応する

ネットを多く見てるから「これが当たり前だと思う」。

ここは当たり前じゃないし、普通じゃない。

現実を頑張ってるやつが、さらにネットでも頑張ってるっていう「特殊な場所」。

本業があってネットでも何かしてるって頭おかしい。

本業あったらそっちでお腹いっぱいになる。

ここは普通じゃない。

それだけは強く意識しておいた方がいい。

 

◾︎まとめ

現実は最低限の努力で生きていける。

ネットは頑張ってる人の集まり。

んで、俺らは見てるモノに反応する。

ネットばっか見てると「努力しなきゃ」っつって潰れるし、やる気もなくなる。

緩い現実世界に戻ろう。

*自営業とかフリーランスとかを選択すると茨の道です。

企業では必ずクズがいて、クズでも生きていける緩い環境が整備されています。

皆んなで集まってる場所(企業)に入り、クズ側になって寄生した方が楽。

もちろん最低限の仕事はしますけども。

それ以上の馬車馬のように働くのは断固回避します。

丁度いいバランスで生きていこう。

努力しなすぎも、努力しすぎもダメ。

ほどよく努力して生きていきましょう。