精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

アシュワガンダの記事がバズったから、アルギニンとの比較記事でも。

 

30pv→500pv。

*1日のpv数

バズの規模としてはショボいが、当ブログ最大ヒット記事を超えたっていう。

アシュワガンダってそんなに気になるの??

 

◾︎個人的に肉体疲労に効くサプリ

俺の中のトップ2は「アシュワガンダ」と「アルギニン」。

即効性があるのがアルギニン。

持続性があるのがアシュワガンダ。

 

⚫︎即効性ならアルギニン+シトルリン

どっかにデータが載ってたけど、持続性が非常に短い。

摂取後4時間で血中濃度がマックスになり、そこから急角度で落ちて、約10時間ほどで効果が切れる。

…んだが、その効果が凄い。

筋トレで追い込みすぎて動きたくない時とか、前日に思い切りトレーニングして寝てるしかないってくらい疲れた時に効果を発揮する。

もう少しだけ動けるようになる。

日常の生活くらいは行える程度に。

本当に追い込まれた時の一手はむしろこっちを推奨する。

反面、ちょっと仕事で疲れた程度の疲労には効果がない。

個人的には、誤ってトレーニングで追い込みすぎた時の回復に使う。

10時間あるとけっこう回復するのよ。

その動けない10時間をどうするか?

この最適解がアルギニン+シトルリン

*アルギニン単体だと4時間で効果が切れる。シトルリン配合で10時間持つようになる。

 

⚫︎持続性のアシュワガンダ

ちょい追い込まれた状態が「長く続く」なら、アシュワガンダがオススメ。

職場がガチの肉体労働とか、ベースの健康を崩してたりとか。

アシュワガンダはジリジリ効く。

飲んだ日は全く変わらない。

翌日にちょっと元気になる。

イメージ的には「回復力が増す」。

もしくは体力のベースラインが上がる。

前日までに抜けきれなかった疲労が、アシュワガンダのおかげで回復してる感じ。

ただし注意点として、本当にベースラインが上がったわけじゃない事。

ベースラインが上がった分無理をすれば、また回復できなくなる。

この調整というか、自分の体力を過信せず、調子に乗らずに冷静に把握できるかどうか?

これがアシュワガンダを活かすための分かれ道。

 

◾︎精力剤としては?

アシュワガンダ推し。

なんせベースの体力(回復力)が上がる。

今まで疲労で精力が落ちてたのが、コイツのおかげで復活する。

これを定期的に飲んでれば、とりあえずそっちも回復する。

 

◾︎アシュワガンダは健康的な生活習慣と共に行うと効果が増す

要は誤魔化してるって事。

アシュワガンダ単体だと。

自分の体力が落ちてるのに、それをアシュワガンダでカバーしようとしてる。

問題の「本質」を解決しないとまた同じ事になる。

運動しないで、ジャンクフード食って、酒ばっか飲んでるクソデブになってねーだろうな?

標準体重±3kgに体型を戻して、酒止めて、肉と魚や定食なんかの飯を食って、毎日少しずつ歩いたり、筋トレやスポーツなんかの運動習慣を持つ。

それで始めてアシュワガンダの効果を最大化できる。

「最近体力落ちてきたな。アシュワガンダで〜」ってやつは問題を先送りしてるだけ。

アシュワガンダは魔法の薬じゃないぞ。

分かってる人だけ手を出して欲しい。

 

◾︎まとめ

持続性のアシュワガンダ。

即効性のアルギニン。

ガチで運動してる人は、休養と同時にアルギニンの摂取を推奨。

慢性疲労系の症状に悩んでるならアシュワガンダ。

ただし、根元を断たないと元の木阿弥になる。

慢性的に問題があるって事は、他に見直すべきものがある。

ベストなのは「ちょっとオーバーワーク気味な週がある」とか、「ここ数日は踏ん張りたい」っていう中長期の一時的なストレスがかかる対策に用いる事。

永続するのはオススメしない。

自分の本当の体力が分からなくなってしまう。

セルフモニタリングできないと「謎の不調」に襲われる。

それ謎じゃねーから。

自己判断できてないだけだから。

誤魔化しにはオススメしないが、疲れた時に使用するにはオススメ。

用法用量を守ってお使い下さい。