メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

言葉を選ぶべきだから、タイトルでは分かんないようにしとく。

 

麻原って凄くね?

「ゼロからあの組織を作ったという手腕」が。

 

◾︎個人的に解決しない要素

1、金はどうするか?

組織維持費と生活費の両方。

いくら信者から没収するっつったって、途中からが自分達で収入源を生み出さなければ枯渇するだろう。

組織が肥大化するにつれて金が必要になる。

 

2、化学兵器をどう製造するか?

今みたいになんだかんだと情報が手に入ったりしない。

そっち方面に詳しい人に訊き、一個ずつ実証していくしかない。

死人が出るかもしれないし、いくらかかるかも分からない。

それだけかけても完成するとは限らない。

この「未知に対する姿勢」がヤバい。

 

3、それを試しちゃう勇気

なんだかんだと「それを使ったらヤバい」というプレッシャーは凄まじい。

それを構わず行ったっていう。

*実験はしてるが。

倫理観も常識もない。

凄まじい。

 

◾︎凄いと思うポイント

「発想を縛る鎖がない」という事。

まず宗教を立ち上げようって発想がやばい。

経典作り、救い文句を謳って人を募る。

募り方も様々で手段を選ばない。

世の中にひと泡ふかせる手段をも選ばない。

「躊躇いがない」。

相手がどうだ、手段がどうだ、方法はどうだってグダグダ言う前に「とりあえずやる」。

んで、やり始めれば人が集まる。

そして「目標を達成した」。

方向性はダメだが、これは凄まじい事だと思う。

 

◾︎これがもし「いい方向だった」なら

英雄になった可能性がある。

例えば「抗生剤を作る」とか。

麻原の親しい人がインフルエンザで亡くなるとかして、これを滅殺する目標をどうしても達成したいとか。

もしくは「IT」。

「誰も見たことのない通信技術を作る」っつって行動してたら、それを達成して後世に名を残す存在になっていただろう。

紙一重なんだな、と。

 

◾︎まとめ

ゼロからあの組織を立ち上げ、目的を達成した。

その実行力、実現力は驚嘆に値する。

もし「いい方向に使っていたら…」と思う。

どっちの方向であろうと「俺にはできない」。

その発想も出ないし、こんな行動力もない。

色々凄まじいな、と。

なんにせよ名が残る人は傑出している。

 

*注釈

感情的には嫌いだが、功績や思考が凄い…と言ったらお分かりになるだろうか?

平たく言えば「凄いとは思う」が「なりたいとは思わない」。

無限の行動力でグイグイ引っ張ってく人は、現実には「絡みたいとは思わない」し、一定の距離を置く。

「客観的に見て凄い」のであって、俺の目標とする方向は「これじゃない」。

俺は目の前の人と楽しくやれればいいっていう「平凡な男」。

ただ、他人を踏み台にして目標を達成するのは「凄いとは思う」。

だが、それだけ。