メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

カッコつけないで書いてみるテスト。

 

感情を出してみる。

 

◾︎今まで感じてきた感情

学校で先生にバカにされてると思ってきた。

テストが返ってくるたびに、自分がバカなんだと思ってきた。

バカは発言権がないし、誰も聞いてくれないと思ってた。

誰かが聞いてくれないのは、俺がバカだからだろうと思ってきた。

勉強で分からないのは分からないし、バカだから分からないんだろうと思ってきた。

学校に行く理由が見当たらず、もう学校へ行きたくなかった。

派手に前に出れる友人達に気後れして、あまり絡みたくなかった。

初めてバイトをした時に、初めて自由になれた気がした。

それから学校に戻った時に、また勉強に気後れする「嫌な感情」が戻ってきた。

気付いた時にはもう、恋愛は無理だと思ってた。

女とうまくいくイメージがなかった。

俺が口説くのは相手の迷惑になると思った。

告白されても嬉しくなかったし、どうせ最後(セック〇)は駄目だろうと思ってた。

俺を受け入れてくれる会社なんてないと思った。

俺に価値なんてないと思った。

俺が死んでも誰も悲しまないだろうと思った。

俺がいなくなっても、数日後には元通りになるだろうと思う。

俺がいなくて困る事はないだろうと思う。

俺が行かなくてもなんとでもなるだろうと思う。

俺の存在価値なんてその程度しかないと思う。

ブログを書いても書かなくても変わらないと思う。

定期的に読んでくれてる人は、ほぼいないと思ってる。

社会は敵だと思ってる。

 

◾︎現実的に修正すべき…だが

実際はそこまで冷遇されてた訳でもない。

勉強ができないから叩かれてたわけでもなかった(問題行動が多かったから冷遇されたのは事実だが)し、女性からの誘いはあった(携帯番号聞かれたり、家に呼ばれたり)し、バイトの面接で落ちた事ないし、ブログを読んでくれる方もいる。

ただ「そう思ってた」。

主観では「勉強できない俺はクソだ!」と思ってるし、「異性にモテない、受け入れられるわけがない」と思ってるし、「こんな文章を読んでくれる人なんていない」と思ってる。

総じて「俺に価値なんてないぞ」と。

 

◾︎現実と主観の乖離を埋めよう

主観は上に書いた通り。

現実でそれなりに会話した方々からは…

「なんで自信がないか分からない」

「頭がいい」

「モテそう」

「話しやすい」

「優しい」

「人の心理が読める」

「性的な魅力がある」

と言われた。

まあ「受け入れられない」んだけど。

これをなんとかしないとね。

思春期に染み付いた「クセ」は、凄く強固だった。

 

◾︎まとめ

主観だと自分を責めまくってんだな〜と。

中学校時代にホントに辛くて、マジで学校行きたくなかった時期があったのよ。

*午後登校してた。

高校は人間関係が良くなった(勉強重視の価値観から脱却できた)のと、趣味の重視(バイクやファッションなど)もあって、一時的に復帰した。

…が、2年時でもうダメだった。

*卒業はした。

社会不適合だし、勉強はできないし、親の期待に応えられなかったし、マジでクソだと思ってる。

俺の人生なんだけど、俺の価値観じゃない価値観で人生が決まっちまった。

ここから戻すしかないね。

まあ

俺はクズなんで、俺を受け入れてくれる場所で全力を尽くすしかない。

現実と照らし合わせながら、上手にやって行きましょう。

*ちなみに

「そんな事ないよって言って欲しい」って要素が入ってる。

こういうのも含めて自分がキモいし、女々しい。

まあもう「そういうのも含めて俺なんだ」っつーことで。

クズでキモくて女々しくて、慰めて欲しい。

認めた上で先へ進みましょう。