メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

初っ端の恐怖が最大値。

 

「今」自分の殻を破ろう。

 

◾︎挑戦

何か新しい事をする時は「それなりの覚悟がいる」。

実のところ、初っ端からパッと飛び込めるような場所は大した事ない。

なぜか知らんが「本当にやりたい事」ってのは「怖い」。

本当に好きになった女に好きって言う時のあの感じ。

一旦覚悟が決まると「超好き。お前なしじゃ生きていけない」って言えるけど、グダッてると弱くなっちゃう感じ。

 

◾︎恐怖心をねじ伏せて進む

転職にしろ、異業種交流会にしろ、ナンパにしろ、何にしろ、あなたが「本当にやりたい事」には恐怖が伴う。

しかしながら、止まってても前に進まない。

恐怖で高鳴る心臓の鼓動をドラムにして、震える足を黙らせ、腹をくくって「飛ぶ」。

「ここ」がポイント。

「いかにして飛ぶか?」。

 

◾︎最初の一歩に「全精力を注ぐ」

初っ端に120%の力をかける。

「やってからが大変」と思うだろう。

違うんだこれが。

「最初が最も大変」。

 

◾︎恐怖は一瞬

やってみりゃ分かるが、恐怖は本当に「最初の一歩だけ」なんだよね。

二歩目は軽くなるし、三歩目はもっと軽くなる。

もちろん「落ちる事(飛んで失敗だったと思うこと)もある」けど、基本的に飛んで損はしない。

 

◾︎一歩目の対策が最重要

ここに全てにリソースをぶっ込む。

睡眠調整して、食事調整して、適切な運動量を確保し、心身共にベストになるバランスを整える。

とにかく「最初の一歩がめちゃくちゃ重たい」。

なんでもそうだが「始めちゃえば何とかなる」んだ。

二歩目は体調不良でもなんとかなる。

もうとにかく最初。

最初だけ「何があっても逃げない」と決める。

次があるとか考えない。

「ここ一回だけやる」。

そうすれば道が拓ける。

 

◾︎まとめ

最初の一歩って「超大変」だと認識する事。

その上で、それが「やりたい事」だった場合、もっと重くなる。

なんなら「自分で自分の心をへし折る」くらいの重さ。

行動できないんだよね〜って「当たり前」だから。

だって「それが一番大変」なんだから。

大変だと分かってれば、ちゃんと準備するよね?

んで、踏み出しやすくなる。

 

皆んな同じ…とまでは言わないが、少なくとも「俺は同じ」だ。

一歩が重たいからっつって気にするな。

それ当たり前だから。

 

なお、それを超えていくのが「漢」。

…現実的には「体調を整えて」現場に臨みましょう。

 

一歩踏み出していきましょう!