メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

夜が好きな理由。

 

「夜」って、なんか落ち着くよね。

という事で「夜が楽しい理由」を少し。

 

◾︎夜の楽しさ

1、刺激が少なく集中できる

1-1、目に入る情報が少ない

景色から人まで様々な意味で。

建物は薄っすらしか見えないし、イルミネーションというか、ちょっとした光しか見えない。

向かいの人がどんな表情してるとか、他の人が何してるとかも気にならない。

ざっと散歩してても深く機にする必要もないし、友人と騒いでてても自由(多少は)。

いい意味で集中できる。

 

1-2、耳に届く情報も少ない

生活音にしろ、人が話す音にしろ、環境音にしろ、情報が少ない。

ぼーっと外にいて眺めてる時間が凄く気持ちいい。

 

2、区切りついた感

昼間はあらゆる意味で「急かされる」。

何もなくても。

人の流れは早いし、やらなければならない事も多くある。

しかしながら、夜は「切り替わる」。

*仕事を持ち帰ってたら別だが。

やらねばならない事を終えた後の夜は「別の世界」になる。

昼の喧騒を忘れ、ゆったりと夜景を見て切り替えたり、好きな人と過ごす時間に最適。

 

◾︎総じて

夜は「補充する時間」。

パワフルでエネルギッシュな昼間を過ごし、夜は好きな女や友人と飲み歩いたり、趣味の時間に使ったりする。

この「コントラストがあればこそ」、毎日を頑張る事が出来る。

終日動きっぱなしだったり、昼夜の切り替えを楽しめないと「バテちゃう」。

昼間っからゲームやってたり、夜に働いてたり。

昼はエネルギーを使う事をし、夜はきっちりオフにする。

刺激が少なく、遊びに集中できるこの時間を大事にしよう。

 

◾︎まとめ

夜は刺激が少ない。

「だからこそ」自分に合った使い方ができる。

夜はオフモードでまったり過ごすのがベスト。

人ん家で語り合ったりとか、ゲームやったりとか、そんな「ガキみたいな遊び」がリフレッシュをもたらす。

人間「1日をフルに使ってなんぼ」だ。

上手にリフレッシュ期間を入れて行きましょう♪