精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

本当にやりたい事はすぐそこにある。

 

金に困らなくなって、時間もたっぷりあるなら「何をしたいか?」。

 

実際のところ、趣味が合う友人と騒いで遊んで、好きな女と子供作って、ワーワー言ってる毎日があれば、それだけで十分なんだ。

 

◾︎夢なんてない

クッソ悩んだ上で気付いた。

「やりたい仕事なんてなくね?」

いや、「やりたい事」はあるのよ。

上のやつね。

でもそれは年収500万もあれば十分で。

そこそこの時間と、それなりの収入さえあれば、仕事のやりがいとかいらねえんじゃねえか?と。

 

◾︎仕事に友人を見つけに行く

この感覚で仕事をすると良さげ。

趣味=仕事

自分が好きな業界に入って、趣味の合うやつとワーワー仕事して、余暇時間で女と遊びまくる。

んで、その中で、時間との兼ね合い判断をしながら年収500万〜を目指す。

そこがひとまずの終着点であり、それ以上は「余剰なもの」。

もらえたら貰うけど、もらえなきゃそれでいい。

金より「一緒に遊んで楽しい人達」が欲しい。

 

◾︎本当に大事なもの

「人」。

今、ほぼほぼ一人で数年過ごして気付いた。

「つまんねえ」。

マジでどうしようもない。

拡んねえし、共感もなければ、批判もない。

人だ人。

色々あって自分から遠ざかってたけど、それじゃ幸せになれない。

ヒッキーで作業して数千万貯めて、その先どうすんの?

その作業が楽しい事(小説家とか)なら全然構わない。

それに準じた友人もできるだろう。

それ以外はどうだろうか?

色々考えるところだったりする。

 

◾︎まとめ

人と騒いでりゃ幸せ。

大学生時代が楽しいのは、これが理由だろう。

同年代で集まって皆んなで騒いで遊ぶ。

夢も希望も時間もあって、同じ時間と空間を共有できる。

そこに金はなくても関係ない。

いつしか散り散りになり、家族を持ち、仕事に忙殺され、皆んなで集まる事もなくなる。

空間の共有は利害スペースである仕事がメインとなり、打算の渦に巻き込まれていく。

本当はカネも仕事もいらんのだよ。

ただ飯が食えて、住む場所があって、一緒に騒げる友人がいて、愛する家族がいれば。

 

欲しいモノが明確になったので、行動しましょうかね。

 

皆様も幸せであります事を。