メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

本命こそすぐに抱く方がいい理由。

 

「やりたい=好き」だから。

この辺を別に考えるから訳わかんなくなる。

 

◾︎やる=好きのメッセージ

特に男性はなんでか分からんが、好きな女こそ大事にしよう=やろうとしない傾向がある。

ハッキリ言おう。

女性視点で言えば「完全に逆」。

好きだからこそ抱かれたいと思う。

女性も興味ないやつに愛想よくするほどヒマじゃねえから。

なもんで、すぐ抱けたからビッチとかは全然関係ない。

お前だから抱かれたのである。

よって、抱かないでモゴモゴしてる男性は「自分に興味がない」と捉える。

だから、好きな女に対してアクションが起こせない男性が女性から好かれない。

解決策は簡単。

どうでもいい女は抱かず、好きな女だけを最速で抱く事。

「セッ◯スする=相手を大事に思うメッセージを乗せる」という文脈で捉えると上手くいく。

これが好きな女と出会えるやつと、出会えないやつとの「差」になる。

 

◾︎大事に思ってるからこそ「抱く」

本当に大好きだからこそ「抱く」。

相手を気遣い、何が好きで、何がしたくて、どうすると気持ちいいのか?ってのを知りながら、意見を擦り合わせていく。

気兼ねなく意見を言えるような関係になって、お互いにしたい事が出来るようになるからこそ「楽しい」し「より好きになる」。

この行程をすっ飛ばして、「ただやりたい」「自分の好き勝手にやりたい」って思ってるから、自分が好きになったやつに対して腰が引けてしまう。

腰が引けると「あなたには興味ありません」というメッセージになり、女性側の熱が冷める。

具体的に説明しよう。

最初ノリノリで会話してて、その流れで遊びに行くとする。

その時点で「あわよくば抱かれちゃうかも」と思ってる。

好きだからこそノリノリで喋ってたのだし、2人で会うことにOKを出した。

しかしながら、あなたは相手を大事に思うあまり「手を出さない」とする。

女性側は「ちょっとがっかりする」。

「あ〜まだそこまで好かれてなかったんだ」と。

んで、「もう一度遊びに行く」とする。

ここで手を出せば丸く収まる。

しかしながら、ここでも「手を出さない」としよう。

女性側は「疑念が走る」。

「あれ?楽しいのは私だけで、この人そこまで興味がないのかも…」となる。

んで「3回目」。

貴方がどんなに好かれていても「これがラストチャンス」。

ここで抱けばギリ間に合う。

しかしながら「ここでも手を出さない」としよう。

女性側は「逆の確信をする」。

「この人私に興味ない=私じゃ無理」となり、気持ちが離れていく。

だから、1回目の遊びのノリで即抱いて気持ち良く付き合っていける男が「最も気持ちいい」。

これがセフレのノリで接すべき理由であり、あなたがモテるかどうかを分ける差になる。

 

◾︎まとめ

大事な女性だからこそすぐ抱く。

話してて楽しくて、遊びに誘ったら来てくれて、一緒にいて楽しかったら、セック◯に誘いましょう。

それが相手の気持ちに報いる行為であり、自分の気持ちを大事にする行為でもある。

もし断られたら?

別に良くね?

それはそれとして、一緒にいて楽しい事に変わりはないんだし。

そういう、ある種「軽い気持ちでいられる」ってのが「余裕」になる。

いい意味でね。

好きだからこそ腹をくくりましょう。

堂々と好きな女を抱いた方が「気持ちいい」ぞ。

「精神的に」。

 

健やかに過ごしていきましょう♪