精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

失敗と成功を逆に捉えてた。

 

「出来て当たり前」

「出来ないと落ちこぼれ」

的な。

逆。

出来なくて当たり前。

出来たら超凄い。

 

◾︎出来て当たり前なんてモノは「存在しない」

ワンチャンでいい。

「たった一回できればいい」。

失敗こそが普通。

 

⚫︎何かを変える時の「壁」

例えば「食生活」。

これを全部変えるとしよう。

その場合「できなくて当たり前」。

むしろ、鶏肉、プロテイン、野菜だけで過ごせた日があったら超凄い」。

その「たった1日できた」って実績を、少しずつ伸ばしていく。

要は「1日できたんだから他の日もできる」って事。

その頻度を増やしていく。

 

◾︎新しい習慣は一回でも成功したら凄い

筋トレでも「1ヶ月に一回筋トレやった」っていうのでも凄い。

1ヶ月に1回が1ヶ月に2回になり、1週間に1回になっていく。

キッカケは最初の一回。

その一回こそが「成功」。

 

◾︎失敗が当然という前提を置く

食生活を改善したとしても、ついお菓子食っちゃう日もある。

その時に「なんで失敗したんだ?」じゃなくて、「まあ当然だろ。俺だし」って感じで流す。

んで、再び出来る日を増やしていく。

1日できたら「凄い」。

失敗したら「当然」。

これでいい。

会社や学校にいると「できて当たり前」って教えられる。

いやそれ当たり前じゃねーからな。

出来る方が凄いんであって、出来ない方が当たり前。

 

ゆるく生きよう。

 

◾︎まとめ

出来る人が「凄い」。

出来ない人が普通。

失敗が当たり前で、成功が稀なんだと認識しよう。

今までこれを逆に捉えてたから苦しかった。

ガンガンチャレンジして、たった一回の成功を掴み取りましょう♪