精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

筋トレ終焉。*運動は続けるけど。

 

オナ禁と筋トレがなぜかワンセットになってるってのと、俺は筋トレをもうしない予定なので、筋トレと運動について書いてみる。

 

◾︎筋トレは「筋肉だけを効率よく付けるもの」

だから「足が速くなったり」とか、「スポーツパフォーマンスが上がったり」しない。

スポーツパフォーマンスが上がるのは「筋トレと練習を同時にやってるから」。

筋トレだけやっても「筋肉がつくだけ」。

もちろん「それが目標なら最短の手法」ではある。

 

◾︎「運動」とは?

ニートと言われる「1日の運動量」という指標がある。

良く動く職業で代表的な「看護師」と、動かない代表である「エンジニア」なんかを比べると一目瞭然。

看護師は「1万〜3万歩動く」。

エンジニアは「3000歩も動かない」。

それが積み重なると、凄い差になる。

 

⚫︎1日の快適な運動量って「決まってるんじゃね?」

その日に疲れてよく寝れて、翌朝に疲労を引きずらない程度の運動量。

色々やってみた結果、歩数だと「8000〜13000歩」、バスケだと「30分」、ランニングだと「3km」くらいが丁度いい運動量だった。

*個人差がある

これを素に次へ行く。

 

⚫︎追い込むと「1日で回復しない」

筋トレでもHIITでもいいけど、1日で「もう動けねえ」ってほど追い込むと、翌日に支障が出る。

どうしても身体パフォーマンスは落ちるし、物事に取り組む集中力は落ちるし、疲れててメンタルは悪化する。

そっから2、3日を経る事で回復し、ベストなパフォーマンスが出せるようになる。

ちなみに、この間に別の事やってさらに追い込むと「オーバートレーニング」になる。

注意されたし。

 

⚫︎追い込み系統はメンタルが安定しない

追い込むトレーニングをしていると、身体のパフォーマンスは上がるが、メンタルが安定しない。

なんせ「ほとんど毎日疲れた状態で過ごすことになる」。

疲労回復=次の運動だから、回復してベストなメンタルでいられる時間が「ほとんどない」。

 

◾︎追い込み運動を減らし、ニートを上げる方が「気分良く過ごせる」

ニートをゆっくりと上げて、毎日「ちょっと疲れたな」って状態にするのがベスト。

疲れすぎず、運動不足でもない。

朝に気分良く起きられる(回復が追いつく)くらいの運動量にする。

毎日110%くらいの負荷をかけて鍛えていく。

*筋トレは150〜200%くらい。

んで、疲れてるなと思ったら、その日は70〜90%の運動量にして休憩を取る。

筋トレみたいに急激な負荷をかけると、翌日「明確に身体が重い」。

1日中辛くてやってらんない。

筋トレで追い込むのは「ベストな状態には程遠い」。

これが筋トレを止めた要因の1つ。

 

⚫︎有酸素運動の方が「身体が動く」

筋トレの代わりに使用してるのが「HIIT」。

全力ダッシュ10秒→10秒休憩を8セットやる。

これは「心肺機能も一緒に追い込む」。

心肺機能って重要で、これが落ちると「体力が落ちる」。

すぐ息切れするやつね。

なんせ「動き続けられない」んだから。

これを改善すれば、怠い日でもとりあえず動く事が可能になる。

んで、HIITやってれば「筋力も同時につく」。

ダッシュしてるから、ダッシュに必要な筋肉はついていく。

定期的にやってると、疲れにくくなってるのが実感できる。

 

◾︎追い込まない方が「生活が快適」

追い込み系トレーニングをやると「それが生活の主体」になってしまう。

レーニング日→回復→回復したらトレーニン

って感じ。

「遊び」とか「仕事」の方が重要だと、それに疲労した状態で臨むことになる。

むしろそこに全力を注ぎたいのに、疲れてそれどころじゃなくなる。

よって、筋トレは終了。

最低限の体力を維持できる「HIIT」を週に1〜2回やって、後はニートで細く調整する。

これが最も快適に過ごせる。

 

◾︎まとめ

筋トレは「筋肉だけ」。

そして「疲れすぎると生活のクオリティが落ちる」。

だから、注意しないと「トレーニングが生活の主体になる」。

生活の主体は「仕事」であり「遊び」だ。

そこに使える体力を残し、快適に臨めるメンタルにするために運動をする。

そうすると「ニートで調整した方がいんじゃね?」って結論に至る。

*1日の歩数調整や、活動量調整。

それだと体力が落ちちゃうから、週に1〜2回のHIITをいれて調整。

俺はもうこれ以上運動しない。

引き締まった肉体は魅力的だが「生活がおかしくなる」。

俺はそこまでしたくないし、むしろもっと遊びたい。

筋トレと運動してる人は「何のためにやってるのか?」ってのを確認して頂きたい。

自分の目的と合ってるなら完璧。

ズレてたら修正しましょう。