メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

モテ講座。「内面」編。

 

前回は「外見」。

今回は「内面」。

中身が軽薄なやつほど遊べて、真面目な女やつは損するという風潮がある。

それは「本当なのか?」。

 

◾︎モテる内面と人間性

個人的な「真のモテの定義」をしておく。

「ピンポイントで自分が好きな異性を落とせる女」。

これを「真性のモテ」とする。

これができるやつは明確なポイントがある。

それが「人間性が高い」という事。

 

◾︎人間性=真のモテ

絵に描いたような真面目な能力が高い。

相手のことを大事にし、浮気はせず、他人の足を引っ張る噂を嫌い、皆んなで楽しく過ごせる事を第一に考えられる人。

こういう人が「ピンポイントでモテてる」。

筆者の周りに数人いるが、だいたいこの手の人は1〜3人と付き合ったくらいで結婚してる。

んで、元気な子供をもうけ、夫婦仲も良く、非常に安定した生活をしている。

筆者としては「こっちを勝ち組だと考えてる」。

人との関係を大事にし、長く1人と付き合い、お互いに影響を及ぼし合いながら、一緒に進んで行く。

これを行うには、単純に「意見を擦り合わせられる人間性がいる」。

友人と長く付き合えるタイプかどうか?ってのも、1つの目安になる。

 

◾︎遊ぶにはいい意味で軽薄な方がいい

ワンナイを繰り返したりなんだり。

人間関係の「重さ」がない人がいる。

基本が不真面目で「まあなんとかなんじゃん?」って軽さが魅力の人。

基準が「ガバガバ」。

口軽い、約束は守んねえ、クズみたいな話ばっかしてるってタイプ。

当然人間なもんで、クズい所は「誰にでもある」。

それに「さらに輪をかけてクズい」という面白さがこっち。

こちらを合ってると思うのならば、それはそれであり。

 

◾︎どちらが自分に合っているか?

誰でもいいから寝たいと思い、それ通りに行動できるのなら「軽薄な立ち回りが楽しい」。

逆に「本当に信頼できる人間が欲しい」と思うなら、真面目でちょっと堅いくらいでいい。

「どちらがいいか?」だ。

これも「自分のキャラ」であり、他人が決める事じゃない。

外見と同じで「自分の好みで決めよう」。

 

◾︎合わない選択をした場合

「破綻する」。

遊びまくってたやつに「枷」をつけても、つけられた側は「苦しい」。

真面目なやつは真面目なやつと恋愛した方がいいし、軽いやつは軽いやつ同士で遊んでた方がいい。

ここは「混ぜるな危険」。

価値観が合わねえと思ったら、無理に合わせない方が幸せになれる。

「自分は自分」。

自分にとって「幸せを感じられる相手」を選ぼう。

 

◾︎まとめ

真面目な人は「真面目な恋愛」が、

あんま深く気にしないなら「楽な恋愛」が合ってると言う事。

ただそれだけであり「相手のあり方を批判するものではない」。

「自分がやりたい事」に集中しよう。

「隣の芝は青い」が「隣が幸せかどうかは分からない」。

自分が好きな事をしてりゃいい。

好きなものは好きだし、嫌いなものは嫌いなんだ。

しっかりと自分の感情を叶える方向に進んでいきましょう♪