メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

合わないコトは合わないという「当たり前な感覚」。

 

色々動いてみて、殊更にこの感覚の意味が分かった。

〇〇を達成するために頑張んなきゃ!って「自分の感情を切り捨ててると」これは起きる。

 

◾︎気持ちいい場所=合う場所

基準を「他人に投げない」。

結果を出してるからと言って「そこが気持ちいい場所とは限らない」。

例えば「金を稼ぎたい」とする。

その場合、結果を出してる人の手法をパクっても「それが快適かは分からない」。

それ以前に、何か「モヤっとした感覚」があったら、そっちを大事にする。

もしくは、一般的にはハマらなくても、自分にとって気持ちいいと感じるなら、それを大事にする。

動いてて気持ちいい方向に動き出す。

 

◾︎結果はあくまでも「結果」

そいつが偉いわけじゃない。

一度基準を思い切り下げると、それがよく分かる。

 

⚫︎自分が「ハマる場所」が「いい場所」

世間的な「いい学校」「いい企業」「いい給与」「いい女」って基準を「壊す」。

んで自分がハマる場所ってのを「完全に1から見直す」。

クソみたいな給与でアホほど働かされても、自分がそこで快適であれば問題ない。

…いや、あるんだって。

長時間労働でも内容的に問題ないってやつが。

俺は今の「クソブログ生活」で、自由すぎる時間を持て余してる。

今の生活って「超つまんねえ」んだわ。

誰の役に立ってるかも分からず、読まれる記事を書くのが面倒。

それよりも対面で連携しながら物事を前に進める方が楽しい。

逆に「ブログの自由生活が楽しくてしょうがない」って人もいる。

っつか、通常ブログを書いてる人は「そっち」。

1人で考えて、自由に行動できて、自分の裁量で好き勝手決められる。

働く時間も、遊ぶ時間も、交流する時間も「全て自分で決められる」。

これが楽しいかどうか?

俺はブログで指示されたくねーが、自由裁量で情熱を持つほど楽しくもない。

 

◾︎結局は「自分に合うかどうか?」

とにかく基準を引き下げて「全て受け入れろ」。

安月給でも快適なら「そこが居場所」だし、見た目はブスでも自分にとって最高に可愛いなら「それが最愛の女」。

正解はない。

誰もが羨む仕事をし、誰もが羨む女を従えていたとしても「自分が快適とは限らない」。

自分の感覚を信じ、自分に合った場所へ行く決意を決めよう。