メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

共感性の利用。

 

性的な方面で顕著に出る。

相手がいる事によって、未開の領域に入れる。

 

◾︎興奮は「伝わる」

例えば、あなたが「目の前の女性に興奮している」とする。

興奮って「まんまの意味」。

チンコ勃てて、いつでも挿れられますよ〜って状態。

相手を女として見て興奮する状態。

んで、その状態でしばらくコミュニケーションしてると「女性も興奮してくる」。

なんらかの情報が伝わって、同じように興奮する。

で、それを見た自分が「さらに興奮する」。

相手がさっきより興奮してる事が伝わってきて、もう一段階レベルが上がる。

そしてまた相手もそれを感じ取って〜って、延々3ループくらいすると「我慢できなくなる」。

 

◾︎我慢できない「レベル」

男性なら、目の前の女を襲っちゃいて〜っていう、「いつもの感覚」が思い浮かぶだろう。

あんな「浅いもんじゃない」。

ガチの意味で我慢できない。

軽めに理性が吹き飛ぶ。

俺はやりたい、相手もやりたいで、合意もコミュニケーションも成立してる。

襲っちゃいたい→いいよって状態。

この状態になったら「半分動物になる」。

拒否する理由も、抑える必要もない。

 

◾︎この興奮のループは「一人じゃ入れない」

相手がいてこそ。

自分の興奮を受けてくれる相手がいて、さらに相手の興奮をもらうから「一歩上の領域」に入れる。

もちろん「逆もある」。

自分の共感性が高ければ、相手の興奮を拾って増幅して打ち返す事ができる。

 

⚫︎最初はこっちから先に「示す」

「あなたに興奮してます」と。

示し方は簡単で「自分が興奮した状態でいる事」。

真の意味で「チンコを勃てたまま相手と過ごす」。

自分が性的に興奮した状態をキープして「ただ一緒にいればいい」。

最初は自分だけだったのが、いつのまにか向こうもモジモジし出して、それが伝わってきてまた興奮して、その興奮が伝わって俯き始めて〜っつって、我慢できなくなるまで増幅し続ける。

 

◾︎ある程度の時間がかかる

早くて20分。

遅くて1時間くらい。

最初は「小ちゃい火種」。

「あ〜コイツ抱きたいな〜」「柔らかそうだな〜」「いい匂いするな〜」って、「いつものやつ」。

普段はその「いつものやつ」にリミッターがかかってる。

それをちょっと解除する。

すると「火種が移る」。

 

⚫︎途中から「喋らなくなる」

お互いに。

完全に言語領域の「外」。

あの「感覚」とか、肌で感じる「相手の興奮度合い」なんかは、完全に「その場の雰囲気」としか言えない。

「分かる」し「伝わる」。

 

◾︎「相手と一緒に」楽しむ

こっちの独りよがりでもなく、相手の独りよがりでもない。

こっちのアクションは向こうに伝わり、相手のアクションはこっちに伝わる。

「相手がいる」って楽しさ、意思が伝わる「満足感」。

一人の寂しさとは違う「相手がいる温かさ」に感謝する。

 

◾︎まとめ

感情は「伝わる」。

自分の「不安」「緊張」「恐怖」「弛緩」「喜び」「楽しさ」「興奮」全て。

だからこそ「相手を見て」「相手に対して」アクションする。

相手からリアクションが返ってきたら嬉しいし、無視されて独りよがりになってたら寂しい。

「リアクションを返してくれる相手がいる」

まずはここに感謝して、その感謝をも伝えていこう。

言葉じゃなくて「気持ち」。

行動や態度で伝えよう。

それも「共感する」から。