メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

結局モテピークはどこなのか?

 

「モテ期は3回くる」ってのがいいヒント。

人によっちゃ一回しか来ないかも。

 

◾︎モテピーク

1、16〜22歳

いわゆる「学生時代」。

年齢がバラけるのは「環境」。

女子高や男子校に行ってると機会すらない。

こっちは「勉強」「運動」「ファッション」「有名人」のどれかを満たす事でモテ期に入る。

高校時代ガリ勉ならいい大学に行って何とかなるし、ファッションに興味を持ち出してれば既にモテる。

ここでは「差が出にくい」。

実は皆んな等しくモテる。

若いうちは基本的に「健康」。

運動はしてる(学校で)し、三食食ってるし、酒・タバコも常用してない。

*法律上20歳からだし、サラリーマンのように毎日呑んで、1日一箱(20本)以上吸う学生は少ない。

健康だから性欲も健全でかつモテる。

1回目のモテ期。

 

2、27歳前後

社会人になって3〜5年目辺り。

仕事に慣れてきて、再び遊び始める時期。

ここで「2通りに分かれる」。

片方は、健康な生活を維持して真面目な生活をしつつ、時間に余裕ができたから遊び始めるタイプ。

もう片方は、酒、タバコに完全に溺れ、食生活もまばらだが、自由に趣味に奔走しまくるタイプ。

前者は「モテる」。

後者は「モテない」。

分かつポイントは「健康」。

もう若くないって言い出すのは「後者」。

前者はさらなる未来へ向けて邁進する。

 

3、35〜43歳

社会的に「上がった人」。

起業家である程度お金に余裕ができたり、大企業勤めで馬車馬のように働かされたのちに、見事「昇進」した方。

ゆうに年収1000万クラス。

年齢の幅が広いのは「上がるタイミング」。

若い人は32歳前後で結果を出して昇進。

遅い人は40歳超えて役職付きor社会的地位の安定。

 

この「いずれかのタイミング」で、実質のモテ期がくる。

 

◾︎チャンスを活かそう

この三回のチャンスは「等しく訪れる」。

学生時代に勉強してた人は、後半の2回を活かせる。

学生時代にモテたやつは、もう満足してるかもしれないし、遊ぼうと思えば後のチャンスもある。

 

⚫︎掴めない場合もある

常に社会的地位が低いと難しい。

学校で友達が少なく、社会でも派遣だったりして年齢を重ねた場合。

これは金銭面もそうなんだけど、それ以上に「自信」。

学生時代にモテるやつは「学生時代を頑張ってる」。

社会人生活で結果を出すやつは「社会で頑張ってる」。

ただそれだけなんだが、それが非常に大きい。

どっかで上がればいいんだけどね。

 

◾︎まとめ

モテピークは三回。

学生時代、社会人3〜5年目、社会人の上がり。

学生時代にずっと男子校(女子高)で、社会人になってもパッとしない場合も運がない。

そういう「紙一重の所で生きてる」。

運良く共学に行って、話せる異性がいて、上手くいったやつは「勝ち組」。

本来はモテるのにポテンシャルを開花できないやつもいるし、上手に自信をつけて遊びまわってるやつもいる。

まあ、やれるだけやってみましょう。