メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

自分に沿った「行動」をしてないと不安症になる。

 

最近、読者様と絡んで分かった事がある。

「俺が思う」読者様との理想のやり方ってのがある。

要は、読者を敬い、ありがたく感じ、それを表現し、絡む。

「それを制限してるから」気持ちが悪い。

んで、人と絡みたくなくなる。

その辺の心理的動きなんかを。

 

◾︎気持ち

「心の動き」。

これが面白い方向に進む。

ブログを例に出そう。

読者様ともっと密に絡みたい→

読者様はそうでもない→

寂しい気持ちになる→

丁度いい距離感に戻す→

俺の心が満たされない→

あんまり人と絡みたくない

という順番で進む。

「完全なる独り相撲」。

 

◾︎解決策

「密に絡みたい旨を示し続ける」事。

そうすっと、同じような距離感で接したい人が集まる。

俺は人と「温かいやりとりがしたい」んだ。

「やればできるよ」「大丈夫だよ」ってやりとりがしてえんだわ。

「お前じゃ難しい」「現実見ろよ」みたいなやつは「死ねよ」って思うんだわ。

それに蓋をしてっから、絶望に沈んだような気分になる。

 

◾︎自分が理想を示し、自分が最良だと思う人を見つける

つまり「俺にとって最高な人」と繋がればいい。

好きな距離感が同じだったり、俺を面白いと思ってくれるやつだったり、俺が面白いと思った人。

要は「俺にとってそこが最高になるように」全てを選んでいけばいい。

 

⚫︎先に示す

俺が思う最良の「あなたとの絡み方」があり、それを俺が示す事で「あなたが俺とどう関わっていいか分かる」。

そこで「コイツとは合わねえな」と思えば引き返せばいい。

んで、俺も後を追わない、と。

 

⚫︎弱い心の向こう側へ

引き返された時に、やっぱダメージを負うのよ。

あ〜これじゃまずかったかな?

もっといい絡み方あったかな?っつって。

しかしながら、そんな感じで俺の心が折れるから「いつまでも理想に辿り着かない」。

俺は俺の理想があって「それでいい」。

それに合致する人がいるまで粘れば「俺にとって最良の人」が見つかる。

その人はその人であり、俺は俺である。

しかしながら、その人の特性と俺の理想が噛み合う事は「ある」。

あなたがつまんねえと感じるならしょうがないし、俺がつまんねえと感じるのもしょうがない。

ただ俺が「主体的に示し続ける」事は出来る。

合わねえならしょうがない。

合う人を探すだけだ。

「そのために頑張る」。

 

◾︎不安症は他人の価値観に迎合し、自分の心を折ってしまった状態

「自分」を出せない、表現できない。

「自分」がこれがいいと思えなくなってしまった状態を指す。

要するに「他人によって振る舞いが変えられてしまう」状態。

それが「いい方向」であれば良い。

自分が知らなかったもっと楽しい表現方法だったり、より上手く人に伝えられる方法だったり。

しかしながら「悪い方向」であれば、すぐに改めなくてはならない。

そこが合わない場所である事もあるが、それ以上に気持ちを素直に表現し、自分の価値観に沿った判断をする。

誰に何を言われても「折れない」事。

…まあ、ある程度は聞き入れた方がいいかもしれないが、それでも自分が納得したモノだけを取り入れる。

面白くないと思ったら「流す」。

面白いと思ったら「絡む」。

悪い方に影響を受けず、良い方に注力する。

「自分の理想」を基準とし、それに合致する人だけを見てればいいい。

「楽しい事」を頑張ろう。

 

◾︎まとめ

主体性を取り戻そう。

「自分の理想の形」を示せばいい。

それはなによりも優先される。

んで、その理想に沿った人を見つける。

自分の振る舞いに応えてくれる人、応えてくれなくても凄く面白い人、楽しいやりとりが出来る人など。

そういう人がいるからこそ外に行きたくなるし、外の世界に可能性を感じる。

「可能性を感じるやり方」をしよう。

自分を表現し、自分が楽しい事をし、自分の理想に向かっていく。

その道中で、素晴らしい人に出会うし、楽しい時間が過ごせる。

なんにせよ「自分である事」だ。

他人に影響されるのは「良い方向にだけ」でいい。

悪い方向は意識的に切りとばす。

そっちに合わせても「理想にはたどり着かない」からね。

 

可能性を信じ、可能性を見よう。

その中に成長と出会いがある。

楽しんで行きましょう♪