精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

超絶な「白黒思考」。

 

いや「ちょっとやってみる」で良くない?

 

◾︎筋トレとか運動とか休憩とか

筋トレは「追い込め」と言われる。

故に一回やるともの凄く疲れる。

…んだけど、別にそこまで追い込まなくても良くない?

運動も同じ。

HIITとか全力1500m走とかをやれば、確かに体力は上がる。

…が、そこまでガチガチに体力上げなくても良くない?

それと同じで「休憩」。

丸一日休まなくても、1時間に一回くらい短く休憩を取れば充分じゃない?

そんな極端に考える必要ってないよね。

 

◾︎何事も「緩く」考える

ちょっとだけやる。

怠かったら「少し動く」。

疲れたら「ちょっと休む」。

眠かったら「少し寝る」。

人と「ちょっと話す」。

人に「少しだけ親切にする」。

などなど。

遥か先に目標はひとまず置いといて、今できる範囲でほんの少しだけやってみる。

んで、気分が乗ったらもっとやればいいし、乗らなければ止めればいい。

全部やる必要はないし、できる必要もない。

ただ「ちょっとだけやってみる」。

 

◾︎目標から逆算するクセを改める

結果があって経緯があるから「結果を求めたくなる」。

という事は、結果を知らなければ経緯しかない。

頭悪いやつは本当に目標を捉えないで動くが、このブログを読んでるようなタイプは頭でっかちが多い。

要は「準備しすぎて動けなくなるタイプ」。

筋トレするとしよう。

バカは、思い付きでダンベルを買うか、ジムと契約をする。

このブログの読者様は、効率的なやり方を調べて、必要な器具と行動をする。

実は、メンタル的に健康なのって前者なのよ。

ジムに行けば色々な人がいるのが分かるし、ダンベルでやってりゃそれなりの身体に仕上がる。

あんまり他人と比較する事なく楽しめる。

効率的にやると、効率的にやってるやつと比較する事になる。

そりゃ効率的にやってんだから、ガチ勢の情報に接するわな。

すると、極端な思考に染まる。

ある種の「刷り込み」。

この繰り返しで現在地がよく分からなくなる。

それを払拭する。

 

⚫︎目標は置いておこう

自然に効率を求めるタイプは、敢えて目標を捨てる必要がある。

なんせ、自然にやってりゃ効率を求めていくんだから。

それがクセになってる。

そうじゃなくて、知らないまま突っ込む。

思い付きでやる。

しかも「ちょっとだけ」。

比較のない状態で、自分が気持ちいいだけやる。

その結果、目標にたどり着く。

 

◾︎まとめ

ちょっとやろう。

そしてバカになろう。

思い付きで動いて、できる範囲でやる。

怠かったら止めて、もっとやりたいならやる。

もっと緩く生きよう。