精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

女性は性的なモノに直結するのを避ける傾向にある。

 

「ヒゲ」とか「筋肉」とか「触れる」とか。

真に受けると大変だぞ。

 

◾︎嫌だけど「本当に嫌なのか?」

言葉じりだけ捉えれば「嫌だ」となる。

んで、相手が嫌だっつってるのに無理に行動すれば、もちろん「嫌だ」となる。

問題は何に対して嫌なのか?だ。

 

◾︎「嫌」の方向

通常の捉え方としては「触んな」という意味で捉える。

汚い、面倒、会話したくないなどの負の意味で捉える。

この方向と別で、もう1つの「嫌だと感じる方向」ってのがある。

 

⚫︎性的な方向で暴走するのが嫌

メスを呼び覚ます「オス性」を過剰に警戒してる。

「筋肉」とか「暴力」とか、ザ・オスとされる行動に対してメス性が目覚める。

やりたい、抱かれたい、めちゃめちゃにされたい的な感情が。

んで、それを裏切られると超絶消化不良に陥る。

俺らで言えば「この女を抱けるかも」って思って、それを「裏切られた時」の消化不良感に近い。

なんつーか「感情が暴走するのが嫌」、だから「近寄らないで」という感じ。

 

◾︎どちらの嫌なのかを見極める

本当に嫌なのか?

それとも「感情が暴走するから嫌なのか?」。

前者であれば、関わり合いを避けた方がいい。

なんせ「本当に嫌われてる」から。

しかしながら後者であれば、むしろ暴走させる方向で動くといい。

堂々とアピールして、優しく触れまくって、感情を暴走させて性的なモードに入れて最後まで一緒に楽しむ。

こっちはむしろ好かれてるって事。

要は「お前に魅力を感じてるから近寄らないで」という意味。

内向的なイケメンがモテないのは、好かれてるのを嫌われてると感じるから。

嫌ってのを額面通りに受け止めてる。

むしろ、お前に魅力があるから嫌われる。

 

⚫︎見極める方法

1、堂々と突っ込む

めっちゃ可愛いんで握手してもらって良いですか?的な。

可愛いから触りたい、もっと話したいってハッキリとアピールする。

拒否られれば嫌われてるが、「え〜…どうしようかな…?」的な「まんざらでもない感じ」であれば好かれてる。

ノリで押してく事を推奨。

 

2、ゆっくり確認する

会話してる「ノリ」で確認する。

ノリで触ったり、下の名前で呼んでみたり、ちょっと親しいっぽいリアクションをしてみる。

こっちも同じで、「も〜」的な「まんざらでもないリアクション」であればOK。

逆に「明らかに合わせに来てる感じ」ならダメ。

その場のノリで合わせてくれてるだけで、本質的に嬉しいってわけじゃない。

この辺の機微が難しいが「相手の目を見て判断してもいい」。

本当に嫌なら「こっちを見ない」。

もしくは、言葉と違って「ガチで嫌そうなリアクションをしてる」。

超苦笑いで「やめて下さいよ〜」とかってリアクションなら、二度と触っちゃダメ。

…まあ、このブログの読者様であれば、相手をよく見てれば分かる。

OKの時は、そのノリのまま遠慮なく触らせてもらおう。

 

◾︎まとめ

女性の「嫌」は2種類ある。

ガチの意味で、本気でやめて欲しい時の「嫌」。

もう一つは、感情的におかしくなっちゃうからやめて欲しいって意味での「嫌」。

前者は止める。

後者は攻める。

同じ言葉なのに「意味合いが真逆」。

この意味を把握できると、いい意味での男性的な振る舞いと、悪い意味での男性的な振る舞いの「差」が分かる。

いい意味での男性さを失っても魅力がなくなるし、悪い意味での男性さを押し付けても嫌われる。

いい意味での男性的な部分を「敢えて」女性に押し付けるようにして、悪い意味での男性的な振る舞いを正す。

それでベストな魅力を持つ男性となる。

…まあ再三言うが、このブログの読者様は女性をよく見てれば分かるはず。

しっかりと相手を見て、今楽しそうなのか、嬉しそうなのか、悲しそうなのか、残念そうなのかを観察する。

逆に、何か別の事を考えてて相手に集中してない場合は分からない。

余計な思考を削ぎ落として、しっかりと相手を見てさえいれば自ずと正解が分かる。

そういう感性を持ってるやつしか、このブログを読めないと思う。

ま、波長が合ったならば、相手と一緒に楽しみましょう。

終着点は「ここ」。

相手を見てれば正解は分かる。

相手と一緒に楽しみましょう♪