メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

女性は有酸素運動(ヨガとか)を好み、男性は筋トレを好む理由。

 

「特性を分かってるから」。

以下説明。

 

◾︎男性は筋肉がつきやすく、女性は持久力がある

⚫︎筋肉

筋肉のつきやすさは「テストステロン」で変わる。

こいつは「男性ホルモン」。

故に、女性は1/10〜1/30の分泌量だと言われる。

つまり、女性はそれだけ筋肉がつきにくい。

女性の筋トレは10〜20代の頃の体型(筋力)を取り戻したいと思ってやる以外にメリットがない。

 

逆に男性は「メリットしかない」。

筋肉が極めてつきやすく、やっただけフィードバックが返ってくる。

筋肉量と寿命は相関関係にあったり、単純に実行能力が上がる(出来ることが増える)からボケにくくなったり、さまざまなメリットがある。

「男性=筋トレ」と言っても過言ではない。

 

⚫︎有酸素運動

400mダッシュ以上の距離だったり「息切れしながら動くタイプ」の運動全般。

これは女性の方が優れる。

理由は簡単。

「脂肪」があるから。

悪の権化とされる脂肪だが、本来の役割は「エネルギーの貯蔵」。

「限界までやった後の回復が早い」のは、脂肪があればこそ。

故に、フィットネスに向く。

*ヨガ、ピラティス、エアロビなど「スタジオを使う」モノ。

持久力があるから、持久力に優れた筋肉を伸ばす事で長所が最大化される。

 

対して男性は「メリットが少ない」。

脂肪が少なく、筋肉量が多いため「持久力がない」。

その上、最もメリットである「筋肉がつきやすい」という部分に対して「負荷がかからない」。

筋肉は「刺激に対して成長する」。

自重のみのスクワットならその刺激が入るし、10kgのダンベルを持ってやればその分の刺激が入る。

しかしながら「10kgの刺激を自重で入れる事はできない」。

自重トレーニングをどんなに頑張っても「60kgの米俵は持てない」。

フィットネス系をやるよりも、物を持って動く方がメリットが大きい。

 

◾︎要するに

「向き不向きの範疇」だという事。

筋力と瞬発力は男性が、持久力と回復力は女性が優れる。

それを埋めるんじゃなくて「協力し合えばいんじゃね?」。

細かく負荷がかからない作業を女性がやり、瞬間的な追い込みが必要な作業を男性がやる。

どちらかに寄せてくんじゃくて「長所を持ち寄る」。

交わらないからこそ助け合える事もある。

好きな事やってりゃいんじゃね?と。

 

◾︎まとめ

各々の長所がある。

んで、それらは「自分が勝手に知ってる」から、思ったままやってるのが一番いい。

「違うからこそ意味がある」。

ま、好きな事をしましょう♪