メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

コミュ強はキャバクラがつまらない

 

ほぼ確実。

何故かって?

「その人と会話出来ない」から。

 

◾︎雰囲気で感情が分かるコミュ強

明らかに「乗ってねえなコイツ」ってのが分かる。

つか「合わせる気満々の会話」なんて、何も楽しくないんだわ。

 

◾︎その人に興味がある

俺や周囲のコミュ強が興味があるのは「その人」なんだ。

そいつがどう考えて、何を思っているか?を話すのが楽しい。

そいつの人となりと個性が分かって、なお遊びに行くから楽しい。

キャバみたいに「自分を消して客に合わせる会話」なんざ「業務用です」って言ってるようなもんじゃん。

「その人」が見えねえからつまんねえんだよ。

 

◾︎話を聞いてくれる人に困らない

おそらくこれも関係してる。

コミュ強は、別にキャバ嬢にクダを巻かなくても話し相手がいる。

恋人や友人関係、周囲の環境で感情を伝え合う事が出来る。

わざわざ高い金を払って、他人に文句言って慰めてもらう必要がない。

 

◾︎女性に相手にされないという事もない

もう基礎が違う。

コミュ強は、最初っから「相手と気持ちよく話す事」に力点が置かれている。

誰と話しても。どんな状況でも。

故に、どこ行ってもそれなりの扱いを受ける。

どちらかと言うと「常に接客する側」にいる。

 

◾︎コミュ強の見分け方

1、ちゃんと相手のリアクションを待って喋っているか?

実は会話ってのは「瞬発力」。

こちらが話す時に、相手のリアクションを見て…

「何を理解しているのか?」

「どう言うと伝わるのか?」

「どういう表現をすると相手が気持ち良くなるのか?」

を、見て、考えながら会話をする。

そう。

「相手を見ながら」会話をする。

これが出来ないと、ただ一方的に喋る事になる。

女性に対して一方的に喋ってる人、もしくは「相手の感情が分からない」という人は、一旦黙って相手をじっと観察する時間を取る事。

「悪い悪い。一方的に喋ってたよね。つまんなかった?」って聞ければ、印象が落ちる事はない。

*その際の女性の返答は全て建前なので、攻守交代して女性に喋らせるように。

「相手を観察する」

このクセがあるかどうか?は、コミュ強を分かつ壁になる。

 

2、聞き役に回る事が可能かどうか?

これも同じ。

「相手の感情に配慮出来るか?」

凄え一方的に、しかし楽しそうに喋るやつがいたとする。

貴方は「相手の気分を害さずに喋らせ続ける事が出来るか?」。

これが可能なのが「コミュ強」。

〇〇ですよね!

〇〇って聞いた事あります!

さっきの〇〇って〇〇と連動してます?

っつって、話題を変えずに、ひたすら気持ち良く喋らせる。

んで、程よい所で「俺もちょっと聞いて欲しい事があるんですけど…」っつって切り出して話題を変える。

*この際、こっちを無視してまた喋り出すタイプには二度と話しかけない。

 

まあ「接待」だな。

その辺のキャバ嬢やホスト程度なら簡単に務まるくらいのポテンシャルを持つのがコミュ強。

 

これらの技能を「必要に応じて出せる」のがコミュ強。

最近だと「ホラン千秋」なんかがこれ。

あいつのコミュ力ヤバすぎる。

 

◾︎難しく言えば「短期記憶能力」。

楽しい会話をするには「直近で何を言ったか?」を「覚えておく必要がある」。

先週、青山に行ってスイーツ食って買い物して帰ってきた、としよう。

んで今週、また青山行って食事して買い物して帰ってきたとする。

なに?今週はいつものスイーツじゃないんだ?

って「突っ込めるかどうか?」。

この手の能力ってのは物凄く個人差がある。

そいつが「何が好きで」「どんな思考の仕方をしていて」「どういう傾向があるのか?」

〇〇さんの性格ならこうするでしょうね〜ってのを、思い込みじゃなくて経験から推測出来るかどうか?

付き合いの深いコミュ強はピタリ当てれる。

設楽統とかがこの能力に優れる。

 

こういう事が出来ると、赤の他人でどうでもいいやつに金払ってまで話を聞いてもらう必要がなくなる。

友人や、自分が気になった楽しそうな人や、可愛い子と話す方が楽しいからね。

 

◾︎まとめ

コミュ強は…

「相手を見ている事」

「相手の感情に配慮出来る事」

「相手の話を記憶しておける能力がある事」

が揃う。

そうすると、キャバ嬢の「お寒い接客」じゃあ満足出来ない。

キャバ嬢と「平場で会う」なら、まだ面白そうだけどね。

 

「出来てる気になってる」やつはいっぱいいるけど、出来てるやつは本当に少ない。

まあ疲れるから大人数の場が苦手なんだけど。

少人数で皆んなが満足出来る規模で何かやるのが好きだわ。

 

さて、貴方はコミュ強ですか?

 

相手の感情に配慮出来る能力ってのは、一生モノだぜ?

 

では、楽しんでいきましょう♪