メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

ちょっと悟りを開いた。

 

「したい事なんてなかった」っていう。

いやマジで何やってんだ俺は?

 

◾︎メシ食って寝る場所があれば「したい事なんてない」

ガチでこれ。

とりあえず「生きていければ」それ以上のモチベーションがない。

これは「明確に分かった」。

クルマなんざ「乗っても乗らなくてもいい」し、服なんざ気にしなきゃなんでもいい。

今はもうユニクロで充分お洒落できるし、服代なんざ月1万もあれば充分。

 

◾︎それ以上は「自己顕示欲」

友人達との競争とか、周囲へ見せびらかしたいとか、その辺。

友達が彼女(彼氏)がいるから自分も…とか、もういい年齢だから結婚しなきゃとか。

あいつより稼ぎたいとか、そういう「優劣だけ」。

これと「切り離される」と、全くやる気が起きない。

 

◾︎比較のない世界

「1人で満足できればいい」という。

個人的には「ひたすら楽して生きる」だけでいい。

ただ自分1人の衣食住さえ満たせれば、それ以上必要になる事はない。

女欲しいとか、いいマンションに住みたい、いいクルマが欲しいみたいな「分かりやすいモチベーション」があればいい。

…が、それさえ折り合いがつけば、マジで仙人みたいな暮らしで満足できる。

 

◾︎人間「多くのものはいらない」

原始時代なんざ「何もなかった」んだからね。

今は物品に囲まれてるからおかしくなってるだけで。

最低限の衣食住と、楽しく語れる友人さえいれば、他のモノは「オマケなんじゃないか?」と。

あらゆるフィルターを外すと「欲しいものなんてない」んだよね。

老後は「そのまま死ぬ」よ。

長生きしてもしゃーないし。

多くを望まなければ生きてはいける。

 

◾︎じゃあどうする?

1、ストレスの少ない職業につく

労働時間、内容ともに「緩い」やつ。

毎日、ゆるさを持って生きれるくらいの。

 

2、最低限の金銭

20万くらい。

とりあえず生きてはいける。

 

3、社会的な繋がり

趣味サークルでもいいし、地元自治会レベルでもいいし、芸術仲間みたいなやつでもいい。

とりあえず「話せる仲間」を作る。

維持に金がかからないのがベスト。

 

これだけ。

後は自分の欲が強ければ頑張れるし、欲があまりなければ満足できる。

自分に合った選択をしましょう。

 

◾︎まとめ

したい事はそんなにあるの??

俺は「なかった」。

ちょっとやってみようかな?ってやつは大量にあるけど、本腰入れてやりてえ!ってやつはない。

昔から欲求も薄めだったし、非常に「こんなもの」と言える結果になった。

逆に「俺は人の中で勝ち進んでいくんだ!」「俺の優秀さを知らしめるんだ!」ってやつは、ぜひ頑張って欲しい。

俺は「一旦降りる」。

とりあえず「楽して生きる」方に思い切り舵を切ってみる。

ま、とりあえず生きていければいいや〜。