メンタルと健康とモテ。読者さま御礼。

読んで頂いている読者様に支えられて記事を更新しております。

運動は「走る」のが一番だと思う理由。

 

筋トレも良いけど、動けるのが最も良い。

ここで言う「走る」は、ランニング+40〜80%のダッシュを数本という意味。

走るってめちゃくちゃ筋力使う上に、身体の連動性もあって、完全なる全身運動。

プロ選手なら筋トレ+ダッシュをしないと筋力がつかないが、一般人はダッシュだけで充分。

走るのがオススメな理由を書いてみる。

 

◾︎走る推し

1、全身運動

脚はもちろんの事、腕を振り、姿勢を維持する。

全身を使い、全身の筋肉が付く。

筋トレだと部分的だったり、変なとこだけ鍛えられたりする。

*筋トレでもクイック系瞬発力メニューは全身運動だが、一般的なBIG3は特定の筋肉を効率良く使う事に特化している。

走るのはもれなく全身を使う。

さらに呼吸器系も鍛えられる。

身体に良いこと満載。

 

2、運動神経も鍛えられる

走るってのは当たり前そうだが、実は当たり前じゃない。

久しぶりに走ってみれば分かるが、全身が上手く連動しない。

ダッシュに近い方

上手く全身を連動させ、効率良く走るには「慣れ」と「習熟」が必要。

走る事でしか得られないモノがある。

 

3、自然な筋肉が付く

走るという事は「動くために必要なモノが身につく」という事。

筋トレだと「筋トレするために必要なモノが身につく」。

どちらが有用かは言うまでもないだろう。

 

4、疲れ方も自然

走る疲れは「歩き疲れた」疲れと同じ。

当然ながら全身運動で、無理のない疲れ。

無理をすればもちろん疲れるが、自然な範囲での調整が容易。

 

5、負荷調整が容易

筋トレだと「何キロ×10回×何セット」という単位になる。

しかしながら、走る場合はもっと細かく設定できる。

10〜100mダッシュ一本でも良いし、100mジョグ一回だけでもいい。

自分に合った距離と強度で、少しずつ負荷を上げていける。

 

◾︎総合的に運動は走るのがオススメ

全身が鍛えられて、使える身体になり、自然な疲れで、負荷調整が容易。

総合的に見て、これが最もオススメな運動。

 

 

◾︎筋トレと並行してやると?

他のことが出来なくなる。

全ての力を運動に注ぐなら構わない。

…が、人と遊んだり、新しい事したりするなら、運動の比率を上げすぎると良くない。

あくまでも「基礎体力アップ」「ストレス解消」のための運動であり、運動するための運動ではない。

プロ選手じゃないんだからほどほどに気持ちいい程度にして、他の重要なコトをやれる余裕を持っておこう。

 

◾︎まとめ

走るのがオススメ。

一個上がまとめみたいになったから繰り返さない。

使える身体と体力を手に入れるには、走るのが最もオススメです。