メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

筋トレは緩めに三か月もやれば、ほぼ最大までいくっぽい。

結論になり得る数字を並べていく。

 

■筋肉は3㎏も増やせば十分

まず「平均的な筋肉量」を見てみよう。

計算式は…

最初に、体脂肪量を計算します。

① 体重 × 体脂肪率 = 体脂肪量

次に体重から体脂肪量をひき、除脂肪体重を導きだします。

② 体重 − 体脂肪量 = 除脂肪体重

そして、筋肉量を計算します。

③ 除脂肪体重/2 = 筋肉量

 *smartlog様

となる。

体重70㎏の体脂肪率20%で「28㎏」

体重70㎏の体脂肪率10%で「31.5㎏」

…もう分かるな?

同じ体重で筋肉が3㎏増えれば相当な違いになる。

 

■おおよそ「月に1㎏しか筋肉は増えない」

常人は「どんなにきついトレーニングをしても」1㎏程度しか増えない。

ちなみに、遺伝的に恵まれたスーパースター(レブロンやエンビードクラスか、大谷やダルビッシュのレベルのお方)は3㎏ぐらい増える。

お前がレブロンに匹敵する肉体を持つなら無茶なトレーニングをすべき。

しかしながら、至って普通の運動部で地区選抜にも入れなかったノーマルであるならば、無茶なトレーニングをしても意味がない。

だって1㎏しか増えないんだぜ?

 

■単純に考えたら「3㎏=10%」でしかない

上述した通り、70㎏の人の筋肉量は体脂肪率20%で「28㎏」。

体脂肪率10%で「31.5㎏」。

3㎏上げてもわずか10%にすぎない。

つまり、今持てる最大重量が10%アップするだけなのよ。

今とさほど変わらない。

今現在の最大重量が50㎏だとすると、55㎏にしかならない。

神経系の慣れとか、その他諸々の要員によって「上げられる重量は上がる」。

…が、肝心要な「筋肉量」は10%しか変わらない。

っつーことは…だ。

「無駄に重い重量を扱う必要はないのではないか?」という仮説が立つ。

 

■今キツい程度の重量で3か月やれば十分筋肉は成長するのではないか?

例えば今「10㎏の重量でスクワットをしてる」としよう。

10%アップで「1㎏しか変わらない」。

故に、今それで十分にきついのであれば「3カ月後までそのままの重量で十分」だと。

 

■継続>重さ

とにかく「三か月続ける事」が最大にして最高峰の難関。

この予想が真実だとするならば、

「筋肉は月に1㎏しか増えない」

「扱える重さは変わらない」

しかしながら「しっかりと筋肉は増えている」。

結果、成果が見えるまでには「3カ月以上かかる」。

*脂肪3㎏の体積と筋肉3㎏の体積では明確な違いがあり、筋肉のほうが小さい。その分痩せたように見え、締まった身体になる。

 

■ストレス解消に週1~2程度で「自分が気持ち良く継続できるくらい」で緩くやるのがベスト

最速で結果を求めちゃいかん。

緩く継続できる程度で、続けるほうに重きを置けば十分。

 

■筋トレ以外でも同じ

自分が続けられる程度の強度で、長いスパンで楽しめるようにやる方がいい。

なにげにブログもマイペースで三年くらい続いてるしね。

そういや最初は村上春樹並みに「読みにくい」と言われた*が、最近言われなくなったな。

村上春樹氏は自分の文章が読みにくい(と言われる)事を自覚している発言を公式インタビューでしている

何年か継続したおかげで…まあ、自分の文章が素晴らしいとは思わないが、それなりに「読めるようにはなった」と思う。

誰にも評価されなくても、特に報酬がなくても、「なんとなく楽しい」程度を数年にわたって継続する方が自分も楽しいし上達しやすい。

自己満で完結が最強。

自分で楽しめる事を、自分が楽しめる強度で行いましょう。

それが最も楽しく、あなたを高みに導く。

ま、気張らずに「楽しい事をしましょう」。

緩く生きようぜ。