メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

普通に戻る事にした。

 

ここ数年、ずっと「特別になろうと努力してきた」。

しかしながら、なれなかった。

…んで、まあ思ったんだけど、俺にとって普通になる事って「難しくない」のよ。

ここがポイントなんだと思う。

 

◾︎自分にとって「普通に出来る事」が「適切な場所」

特別な人って、特別な努力をしてそこにいるわけじゃないのよ。

自分に出来る事を突き詰めていった結果そこにいる。

米津玄師や日村勇紀なんかは普通な事ができなくて、特化した才能を生かした結果。

*敬称略

普通の人も同じ。

独立する人は企業勤め出来ないから独立する。

俺にとっては普通の接客業で働く方が自然で簡単で、苦労に感じない。

実際、就活は2社しか受けずに決まったしね。

俺にとってはブログを書く方が苦痛だし、ネットで相手の顔も態度も雰囲気も分からないでコミュニケーションする方が苦痛。

対面で、あなたがどんな格好で、どんな表情で、どんな雰囲気で「それを言っているのか?」が分かれば、あなたがどういう人か分かる。

その結果クズだと思えば無視するし、信頼に値する意見だと思えば参考にさせてもらう。

そんな感じで、無理して無理して頑張って掴んだ「それ」は他の人には簡単に出来たりするし、自分がする必要はないものだったりする。

 

◾︎自分がラクな事をしよう

俺にとって「普通である事」は、さほど難しい事じゃない。

家から近い勤務先を選んで、そこそこ可愛い女性を選んで結婚し子供を持つ事は、多少の努力を要するとは言え不可能な事じゃない。

むしろ極めて現実的で「つまらない目標」とすら思える。

しかしながら、それくらい現実的に「まあ俺にも出来んじゃね?」ってやつこそが自分に向いてる事。

ここではないどこかに解決策などなく、極めて現実的で自分が出来ると感じることにこそ解決策がある。

ある人には起業する事が身近で自分に出来る事かもしれないし、ある人には作曲する事が身近で自分に出来る事かもしれない。

そこは自分にとって最も身近な方法を選んで欲しい。

 

◾︎現実に帰ります

俺にとってここは「自分に向いてる場所じゃなかった」。

やればやるほど苦しく、ネットに関わる時間が増えるほど苦しさが増していった。

俺のとっては現実の方が優しく、ラクに過ごせた。

普通を目指して努力する方がラクだし簡単。

ラクな時間を楽しく過ごしたいので普通に戻ります。

 

ある種このブログ(過去の自分)の否定だが、間違ってる事に気付いたのだから仕方あるまい。

方向転換しながら生きていきます。