メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

文字情報より、映像で見る方が100倍簡単。

 

とりあえず「何かしよう」って時に、文字から入る人は罠にハマる。

*文字=本、ネットの考察記事、wikiなど。

なんでか?ってのをちょっと。

 

◾︎基本のバイアス

「人は悲観的になるようにできてる」。

進化心理学的には「その方が生存率が上がる」からと言われる。

例えば「食料」。

楽観して食いまくって枯渇するより、悲観して備える方が生存率が上がることは間違いない。

同様に、楽観的でリスキーな選択肢を行うより、着実に確実な一歩を進めていく方が、長い目で見た場合に上手くいきやすいという事もある。

 

⚫︎文字情報は「不安を煽る」

なんせ「頭で考えるしかない」上に「情報量が少ない」。

映像であれば、「漂う空気感」「全体の流れ」「雰囲気」など、様々な「言語外の情報」がついてくる。

それによって、「これは平気」「これはヤバい」などの判断が出来る。

文字情報では、これができない。

ただひたすら「頭でこねくり回す」事になる。

結果、マイナスのバイアスが強くかかるようになる。

 

◾︎解決策

実際にやる事以外の情報を集めない事。

必要な情報だけを入れる。

そして、実際はどうなのか?に注目する。

映像でも実物を見に行ってもいい。

現実を確認する。

とにかく「考えただけで分かった気にならない」というのが重要。

可能なら実際にやってみよう。

そのために情報を集めたのだから。

 

◾︎まとめ

基本的に「マイナスのバイアスがかかる」。

故に、頭を使ってこねくり回すほど不安が増大する。

文字情報は情報量が少なすぎて判断材料としては心許ない。

むしろ「見る」「感じる」方が正しい情報を得られる。

「実際にやる」もしくは「やってる映像を見る」事で、その感覚が掴める。

ムダに不安症な人は、「実際はどうなのか?」ってとこに着目するといい。

おそらく「イメージとは違う印象を受ける」だろう。

良くも悪くも、ね。

 

色々と意識してみて下さいませ。