メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

目的のためにプライドを下げよう。

 

捨てるというか「下げる」。

あくまでも「目的のために行う」ってのがポイント。

 

◾︎目的を達成するためのチャンスを掴む

例えば「テレビに出たい」としよう。

その場合、いきなり人気者としてテレビに出れる事は「ない」。

誰も知らず、何ができるかも分からない人に、テレビのオファーが来るわけがないし、出た所で誰にも相手にされない。

しかしながら、その中で認めてくれる人がいる。

ほんの一握り。

その人達から「テレビに出てみない?」という誘いがくる。

しかしながら、その人達やテレビの内容は「あなたが理想とするものとは程遠い」。

いきなり業界トップの有能な人材はこないし、面白いテレビ番組じゃないかもしれない。

だがしかし。

「テレビに出たいという目的は果たせる」。

もしプライドが高ければ「蹴ってしまう」だろう。

あなたの理想とは違うのだから。

それはとても勿体ない。

あなたの目的を達成してくれるチャンスを全て掴むために、一度プライドを下げる必要がある。

 

◾︎だいたい全部同じ

「女にモテたい」とする。

その場合、自分が理想とする女だけを追いかけていたら「いつまでもモテない」。

どんな顔でも、どんな年齢でも、どんな性格でも、モテるチャンスをくれる=好きだといってくれる人を大事にする。

「独立したい」「金を稼ぎたい」なども同じ。

「目的を達成するチャンスをくれる事」「どんな条件であっても受け入れる」。

ゼロがイチとなり前に進んでいく。

 

◾︎許容量を超えてから、初めて「選択」できる

今できる事を全部やって、それ以上こなせないくらいになった時に初めて「どれをやるか?」の選択になる。

それまでは考えなくていい。

目の前にある「チャンスに繋がりそうなモノ」を全部やる。

余計なプライドは一旦脇に置いて、やりたい事に邁進しよう。

 

◾︎まとめ

目的のためにプライドを下げよう。

ちなみにそれ以外の事に関しては譲らなくていい。

舐めてくる人とは付き合わなくていいし、明らかにバカにしたコトとは距離を置く。

しかしながら、目的を達成するときだけは別。

じゃないとチャンスを逃してしまう。

全てを受け入れて前に進む方が、早く確実に前に進む。

やりたい事を明確にし、それに対して真っ直ぐに進もう。