メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

対人コミュニケーションの最重要ポイント。他人に対して「敬意を払う」。

 

対人コミュニケーションにおいて「最も重要」と言っていい。

このブログの読者であれば確実にできていると思う。

…が、一見の人や、誹謗中傷コメントをしてくるやつらの中には「出来ないやつをちょいちょい見かける」。

ので、これを一度明確にしておく。

 

◾︎他人に対する敬意

自分と同じ「人である」という敬意を払う事。

これは「人である限り同じ」。

相手が子供でも老人でも異性でも全て同じ。

自分と同じように喜び、自分と同じように傷つき、自分と同じように考える「人」。

だから最低限の「言葉使い」や「態度」ってのがある。

丁寧に接し、丁寧に説明する。

人間だから、不機嫌な時もあれば、上機嫌な時もある。

そういう「人である」という事に「敬意を払ったコミュニケーションをする」というのが、「最低限の礼儀」となる。

 

◾︎礼儀を欠く人には礼儀を欠く対応をする

わたくし「聖人君子ではない」のでね。

舐めた事してくるやつには舐めた対応で返すよ。

たとえコメントであっても「初対面でそれかよ」ってやつには応じないし、こちらを少しでも軽んじてる要素があればコミュニケーションを取らない。

それが「礼儀」であり、ひいては「他人に対する態度」となる。

人には人として接する。

しかしながら、人じゃないモノには人としては接しない。

ゴミはゴミ扱いするし、クズはクズ扱いする。

もちろん、人として接してくれる分には人しての礼儀を返す。

最初は皆んなに人として接するが、それ以降は「あなたの対応次第で変わる」よ。

 

◾︎対人コミュニケーションの最重要ポイントは「これ」

この尺度で物事を判断する事。

たとえ会社の上司であろうとも、こっちの人権を無視してくるようであれば「そういう対応をする」。

基本的なコミュニケーションを拒否して、仕事上だけの最小限のコミュニケーションに止める。

他人に対する敬意がない人とのコミュニケーションを排除し、敬意をもって接するに足る人材とだけコミュニケーションを深める。

舐められて我慢する必要はなく、気持ちいい人とだけ接していればいい。

こちらでキッチリ判断し、人としての敬意を持つ人とだけコミュニケーションをしよう。

 

◾︎ちなみに

敬意を欠く言動には「そういう対応をする」のでご了承下さい。

これは世の中の良し悪しではなく、俺の基準で判断します。

もちろん、あなたにはあなたの判断基準がある。

そういう「個人の基準」で、あなたとコミュニケーションするかどうかを決めます。

仮に俺とコミュニケーションを取りたいのであれば、他人に敬意を払う人でなければコミュニケーションをしないです。

もちろん、俺はあなたに敬意を払います。

「最初は」ね。

それ以降は「あなた次第」だ。

 

◾︎まとめ

「人に対して敬意を払おう」。

こちらが敬意を見せれば、大概の場合は「相手も敬意を見せてくれる」。

それはもちろん「気持ちいいコミュニケーション」になる。

しかしながら、当然「それに応じない人もいる」。

それは「人ではない」という事。

人ではないのだから、人扱いする必要はない。

人ではないモノと対等なコミュニケーションを取るのは「時間の無駄」。

「人とコミュニケーションをする」。

これこそが重要な事であり、それが最も重要な事。

その判断が「敬意があるかどうか?」。

 

もちろん「自分から敬意を欠く行動をしてはならない」。

しかしながら、相手が敬意を欠いている場合は「それに応じる必要はない」。

 

気持ち良く生きていきましょう♪