メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

ストレスは外からもらえ。内側からかけるものじゃない。

 

ストレスは外から勝手にかかる。

故に自分からかけるものじゃない。

 

◾︎内部ストレス+外部ストレスで「死ぬ」

外で仕事して疲れて、家でも運動してダイエットして負担をかけ続けたらどうなるか?

まあ「倒れる」わな。

これは「精神的なほうでも同じ」。

社会的圧力(働けとか結婚しろとか)+自分責め(俺はダメだとかもっとヤンなきゃとか)で潰れて、行動力がなくなる

外で何かできないってやつは、内側からストレスをかけすぎ。

ストレスは外から勝手にかかるんだから、自分一人の時はひたすら楽をするくらいで丁度いい。

 

◾︎内部ストレス一覧

1、運動

気晴らしの運動くらいならいい。

…が、本気で肉体を酷使するレベルの運動は「やりすぎ」。

疲れて行動力がなくなる。

 

2、ダイエット

外にいりゃメシ食えない時間があったりなんだりする。

しかしながら、自分だけでプレッシャーかけて食いたいだけ食わないのは「単なるストレス」。

一人でいる時くらいは好きに食う。

 

3、自分責め思考

モテないだとか、社会的弱者だとか。

それらは他人が決めるもの

つまりは他から受けるストレス。

そこでさらに自分で「モテないからダメ」「働いてないからダメ」って思うと、外部+内部ストレスで潰れる。

外から「ダメ」ってストレスがかかるんだから、自分では「まあ別によくね?」っつってプレッシャーをかけないで過ごす。

 

◾︎自分は自分の味方をしよう

よく言われるけど非常に重要。

批判的なのは結構だが、行動力が死ぬ。

なんせ「自分で自分を非難してる」わけなんで、人から言われると倍のダメージを受ける。

自分+他人で2倍。

そんなダメージ受けてたら立ち直れねえよ。

自分が味方すりゃ「半分」だ。

倍の回数行動できる。

 

◾︎まとめ

ストレスは自分でかけるもんじゃない。

外からもらうものだ。

逆に言えば、自分一人の時は「ノンストレスで過ごす」。

誰かといたりなんかすればストレスがかかるんだかから、一人の時くらい徹底的にストレスがかからないように配慮する。

一人でいてまで疲れてたら、誰かと何かをする事なんてできねえよ。

あ、あと「補足」。

人間ノンストレスでいることはできない。

ノンストレス生活をやってみりゃ分かるけど、なんか新しくストレスがかかる事したくなる。

そこまで休む。

疲れてると余計な頭使わなくて済むんだけど、その状態は正しくない。

暇だから新しい事すっか〜ってくらいが丁度いい。

なもんで、追い込んでる人は今すぐやめよう。

リラックスして毎日を過ごしてれば、勝手に色々やりたくなる。

そうなるまでゆっくりしよう。