メンタルと健康とモテ

健康は全てに通ず。

痩せるのは簡単。

 

タンパク質を摂って、加工食品を減らすだけ。

 

◾︎手順

1、タンパク質を大量に摂る

「肉類300g以上を食う」。

肉の種類は問わない。

それに加え、間食にプロテインを飲む。

「1日40g以上」。

やってみりゃ分かる。

めちゃくちゃキツいから。

これでタンパク質が「90g前後」になる。

体重が60〜70kg辺りの人はこれくらい。

70kg以上の人はもっと食う。

60kg以下の人はもうちょい減らす。

 

2、加工食品を減らす

形が分からない商品。

お菓子とか魚肉ソーセージ的な「中身に何が使われてるか分からないモノ」を除く。

理由はそのまんまで「何が使われてるか分からない」から。

塩や砂糖で「脳に最も美味しいと感じる味付けになってる」。

変な話、無限に食える。

結果、食事報酬と言われる満腹を管理する部位がおかしくなる。

加工食品を減らして、ナッツとか鶏肉とか野菜とか「形の分かるもの」を増やす。

 

以上!

 

◾︎やってみりゃ分かる

タンパク質を摂るのが「どれだけキツいか」。

そして、形のある製品だけで満腹にするのに「どれだけカロリーが足りないか」。

むしろ食事の切り替えで勝手に痩せると言った方が正しい。

ちゃんとした食い物だけでは、維持カロリーを食うので精一杯。

筆者はまともな食べ物だけではカロリーが摂取できない。

むしろ加工食品を適度に散りばめる事で「適切な維持カロリーになる」。

逆に言えば、それくらい加工食品ってのは高カロリーで太る。

しかしながら、それを使わなければ太ることすらままならない。

まともなメシだけで太れるやつは「才能」だよ。

 

◾︎まとめ

痩せたいなら「タンパク質を摂取」して、「加工食品を減らし」ましょう。

あとはやりゃ分かる。

もし痩せたいなら、グダグダ言ってねえでやってみろ。

タンパク質大量摂取後にお菓子を大量に食うんじゃないぞ。

そのお菓子を「さつまいも」とか「じゃがいも」「白米」とかに置き換える。

すると、びっくりするほど食えない。

お菓子の高密度はむしろありがたい存在なんだと思うようになる。

*摂取カロリー調整の強い味方。

 

答えはいつもシンプル。

痩せるのは簡単です。