精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

スマホ断ち3日目。気付いたことまとめ。

 

効果を確信したのでまとめ。

 

◾︎色々

1、ほぼ瞑想

スマホがないと空き時間が超ヒマ。

んで、何するか?ってーと「ボーッとする」。

これが事実上の瞑想。

昨日こんな事あったな〜とか、昔こんな事あったな〜とか、今日これからこんな事あるな〜とか、目の前に面白い事ないかな〜とか、まあ色々考える。

んで、何するわけでもなく、考えたモノがスルーされていく。

そういや昔、携帯がなかった頃って、電車で目を瞑ってたり、バスで目を瞑ってたり、授業中寝てたり、「頻繁に目を瞑ってた」なと。

あれで精神安定の一因を担ってた可能性が高い。

 

2、過去の記憶と繋がりを取り戻す

上記の「様々な場面で目を瞑ってた」とかがそれ。

ボーッとしてると、いきなり思い出す。

突然「あ〜そういや昔は〇〇だったな〜」っつって。

んで、昔の自分との繋がりが取り戻せる。

「昔も同じ事思ってたな」とか「昔からこれずっと好きだな」とか「昔っからこれ苦手だったわ」とかを思い出す。

すると、「あ〜俺ずっと変わってねえわ」っていう、ある種の安心感みたいなモノが手に入る。

 

3、行動力が増す

上記の通り超ヒマ。

なもんで、無駄に歩いたり、バイクでどっか行ったり、服見に行ったり、景色のいい場所に行ったりする。

んで、一回どっか行くと、ついでにどっか行きたくなる。

「あ〜あれ近くにあったな。せっかくだから行ってみるか」って感じ。

結局、結構な時間動き回る事になる。

 

4、身体の変化に敏感になる

上記の「行動力が増す+瞑想」のダブル効果がこれ。

行動するって事は「色々な変化がある」。

出かけると場面が変わるのよ。

要は「空気が変わる」。

家や職場なんかの「ずっと同じ場所で」他のことをしても、気分転換にならない。

スマホやパソコンなんかで「目に見えるモノは変わって」も、「実際に五感で感じてる雰囲気は変わらない」。

*厳密には「視覚は変わってる」が。

すると、考えも変わるし、感じ方も変わる。

その感じ方が変わるのを瞑想でキャッチ出来る。

外行ってボーッとしてると、「あ、これいい」とか、「今日疲れてんな」とか、「めっちゃ腹減った」とか、色々な感情が湧いてくる。

んで、今日の体調とメンタルが如実に連動してる事が分かる。

 

◾︎ヒマは超重要

ヒマしてると色々な考えが浮かんでくるし、色々出かけてみたくもなる。

それを「空き時間ヒマだから」ってんでスマホで埋めると、その思考が入る余地がなくなる。

要は、スマホで満足しちゃう。

実際は何もしてないのに。

んで、「その何もしてない時間」が積み上がっていく。

これはおそらく「ネットも同じ」。

能動的にネットを使うならいい(やる事が先にあってネットを使う場合)が、ヒマだからネットを見ようって使い方だとヤバい。

「そのヒマな時間は超重要」。

次に行くための思考だったり、なんか好きな事考えたり、嫌いな事を整理したり、ただ休んだり、自分にとって重要な事を整理するための時間。

これを暇つぶしに当てるのはもったいない。

 

◾︎まとめ

瞑想して、記憶を整理して、行動して、身体の変化を確かめる。

そのためにヒマな時間は超重要。

歴史的に見れば、テレビどころかラジオすらない時代を何万年も過ごしてきたわけだ。

今、忙しすぎじゃね?

 

なもんで、スキマ時間を大事にしましょう♪