精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

仕事も女も上手くいかないのは「同じ理由かもしれない」。

 

「自分の基準で選んでない」から。

 

◾︎自分が選ぶ

仕事も女も。

自分がいいと思う女性にアプローチする事でしか上手くいかないし、そうでないと満足できない。

そのためには、自分が何に惹かれて、何を重視してるのか?ってのを自分で決める必要がある。

自分は何が好きで、どういう相手が好きなのか?

仕事も同じ。

給料なのか、やりがいなのか、人と絡む頻度、事務能力などなど。

その上で自分がいいと思う仕事で頑張る。

自分がいいと思う仕事をやらないと満足できないし、やりがいも感じれない。

 

◾︎自分で主導する

自分の感覚が頼り。

「あれやってみたい」とか「あれ面白そう」とか、そういうのの中に答えがある。

「遠くの何か」を考えすぎなんだわ。

すぐ近くの女、すぐ近くの仕事にもっと注目する。

そんな遠いとこ見てたって「関係ない」。

もっと泥臭く、すぐそこの「息遣いを感じるレベルの近さ」にこそ、求めるモノがある。

 

◾︎社会に遠慮してると死ぬ

もういい年齢だから選べる仕事は〜とか、あの女性は自分じゃ無理〜とか、なんかよく分かんないモノに遠慮してると人生が終わる。

「自分がいいと思った女性は是が非でもモノにしたい」

「自分がやってみたいと思った仕事はやらないと納得できない」

このくらい自分を主体に考える。

社会は「遠慮してると助けてくれない」けど、「前に出ると存外に優しい」。

自分主導で欲しいものを遠慮せずに行動しよう。

 

◾︎まとめ

自分の感性に引っかかったモノは正しい。

社会に遠慮すると死ぬ。

自分の感覚を磨いて、遠慮なくそこに突っ込んでいきましょう♪