精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

運動の「質」って物凄く重要。

 

このブログの「月間アーカイブ」ってのがある。

毎月何本の記事を書いたかって分かるやつ。

それを見てたら、意識して有酸素運動を取り入れた月から記事の本数が上がってた。

その辺を少し。

 

◾︎5月から目に見えて本数が激増してる

4月までは「月に10記事前後」だった。

5月から突然「月60記事」になった。

1日2個記事を上げてる計算になる。

平均しても、1日1記事は書いてる。

恐ろしいのが今日気付くまで全く認識してなかった事。

つまり「自分は記事数を多く書いたという認識がない。」

4月までと同じ感覚で5月も書いてる。

意識して多く書こうとしたわけじゃないし、頑張って更新頻度を上げたわけでもない。

しかしながら、結果のアウトプットは大きく変わった。

 

◾︎運動の質を変えた

4月にHIIT、5月に長距離ウォーキングを取り入れた。

4月は調整不足(オーバーレーニング)でぶっ倒れたし、食事の量を根本的に増やしたりして、色々調整してた。

んで、過負荷だったんで、ウォーキングを取り入れた感じ。

これもめっちゃ疲れるのよ。

距離を歩けば、筋トレみたいに瞬間的な疲労と同じくらい疲れる。

んで、「気持ちいい」のね。

長距離歩いて達成感と、脳内物質的にも。

*ウォーキングで気分が良くなる事も科学的根拠がある。

そしたら結果が出た。

 

◾︎筋トレは去年からやってた

去年っつか2年前の11月から最近まで。

この時は…なんつーか「自己満で終わってた」。

途中から、全身筋トレやると「芯に疲労が残る感じ」になって、他の事が怠くなっちゃうようになった。

*今年2月辺り

ダンベルスクワット、ダンベルプレス、スナッチ辺りを限界までやると、2日は疲労が抜けずに苦しむようになった。

要は、ちょっと買い物行くのも怠いし、遊びに行くのも怠いってくらい疲れちゃう。

そして気付く。

あれ?俺が望んでたのってこういう事だっけ?

全然違う。

もっと毎日をイキイキと過ごしたいなと思って、筋トレを始めたはずだ。

故に有酸素運動に切り替えた。

 

◾︎気持ちいい事がベスト

筋トレでも、歩くでも、走るでもいい。

自分が気持ちいいと感じるモノが最も自分に合ってる。

俺は筋トレよりHIITや1500m走をやる方が気持ちいいし、結果もついてきてる。

しかしながら、あなたも同じとは限らない。

あなたは筋トレの方が毎日の活力が上がるかもしれない。

その辺は体質にもよるし、特性(何に魅力を感じるか?)にもよる。

自分が気持ちいいと思う運動をしよう。

 

◾︎まとめ

運動の質で結果が変わりますよ〜という記事でした。

俺は有酸素運動に切り替えてから、2、3日運動しないと明確に頭が鈍るようになった。

自分で分かるレベル。

なんか「軽く靄がかかった感じ」になって、思い出すのに時間がかかるようになったり、会話をしてても頭に思い浮かぶ選択肢が減ってたりする。

そういう時に1500m走をやると、タイムが2分落ちてたりする。

*1〜2回の全力運動で戻る

連動してんだな〜と感じつつ、定期的に走ってます。

それが一番気持ちいいしね。

 

というわけで、色々やってみて下さいませ♪