精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

常識が嫌いな理由。

 

「押し付けてくる」から。

別にそれがベストな方法じゃなくね?っていう。

 

◾︎価値観の押し付け

勉強ができると〜、いい会社は〜、貯金が〜って類い。

いや、別に「それを満たしてたって何の意味もなくね?」っていう。

貯金があってもつまらない毎日かもしれないし、いい会社に入っても馬車馬のように働くだけかもしれない。

それは別にそれでいいんだけど、俺らの選択肢を狭めないでくれないかな?と。

 

◾︎社会のピアプレッシャー

普通じゃないと価値がない的な。

新卒で入って、20代までで転職が終わって、30代からは役職付きで〜的な。

いや別に30代で転職なんざ「可能」だし、ハロワ行きゃもっと上の40代の転職組みの方々もいるのよ。

*筆者は30代で初正社員転職を経験した。

そりゃ誰もが知る有名企業は無理だよ。

しかしながら、働き場所がないわけじゃないし、とりあえず生きていく事はできるのよ。

 

◾︎俺らを苦しめてるモノは「何か?」

そう常識。

〇〇でなければならない、〇〇をしなければならない、〇〇でなければならない…ってやつ。

よーく考えると「おかしい」んだよ。

30代で転職厳しいって、お前実際やった事あんの?

「俺は大丈夫だったけど」。

*中小企業だが

こういう実際にやった実体験から出てるまらまだしも、やった事ないのに「不安な気持ちから出てる」ってのが、大量にある。

言ってるやつが空想と現実の区別がついてない上に、受け手の自分もそれを判断できない。

*特に大学生〜20代の場合

それに距離を置くために、一旦社会から離れる必要がある。

 

◾︎ニートやらフリーターはその辺で有利

ニートとかフリーターは一旦死の淵を見る。

常識的に考えてこれはできそうで、これはできなそうで、このくらいの選択肢ならあるだろう…と。

社会の常識というピアプレッシャーの中で取り得る最前の選択肢を選ぼうとする。

…が、常識的な選択肢だと「選べる選択肢がない」。

その中で自分の取り得る選択肢を過小評価して、まず一度「完全に自信を失くす」。

ま、簡単に言うと絶望する。

そっから価値観の転換が起きる。

じゃあもう「常識的な生き方は諦めよう」。

もう社会に必要とされないんなら、好きな事して稼ぐ方法を見つけようじゃないか、と。

んで「あれ?他にも生きる道ってあんじゃね?」

「ってか、常識って従わなくても良くね?

という事に気付く。

 

◾︎一般常識の「外」は存外に面白い

誰にも何も言われず、ひたすら独自に工夫しながら進んでいく。

当たれば自分の手柄だし、ミスっても自分の責任。

怠くて作業しないのも自分のせいだし、調べて工夫した事がハマれば最高に楽しい。

この自由さは何者にも代え難い。

誰かに何かを依存しながら、皆んなでちょっとずつ責任をシェアしてる一般社会人では味わえない。

誰からも指示される事なく、ひたすら己が道に邁進できるっていう。

これを知ったら会社員には戻れない。

 

◾︎まとめ

常識って「押し付けてくる」。

気付くとそこにいて、プレッシャーをかけてきやがる。

それと距離を置くために、一旦社会から離れる必要がある。

俺が常識を嫌いなのは「自分で判断できなくなる」から。

刷り込まれるのよ。

いつのまにか。

俺は自分自身で判断したい。

故に、距離を置く。

そして、外側は楽しい。

自分の責任で、自分の選択で物事が動くのは最高に楽しい。

これは、ある種の醍醐味と言える。

 

まあ、何を体験するかは自分で決めてくれ。

自分の選択だから辛くないんであって、お仕着せの選択では苦しいだけ。

ある意味では常識に縛られてた方が楽ではある。

 

ま、選択するのは「あなた」だ。

ベストな選択をして欲しい。