メンタルと健康とモテ

健康は全てに通ず。

実際の逆ナン経験。

 

需要が無かったら消す。

こういう話をするのは抵抗があるが、実際に起こり得る可能性があるという事で。

 

◾︎5選

1、職場の上司を通して

俺の直属の上司から「レジの子がお前の番号聞きたがってるんだけど教えていい?」と言われた。

*上司は全部門に関わりがあったので橋渡しになった。

 

2、直接渡された

「これ番号なんで、良かったら」的な。

主に職場と、スキー場。

街中ではない。

 

3、多数いる中で、明らかに俺に話しかけてきた

俺より上の人もその場にいて、俺に質問するような事じゃないのを、あえて俺に質問してきた。

それとなく誘導(誘われるように)したがる感じで近くにいたりって事が多かった。

残念ながら俺はそういう回りくどいアピールが大嫌い。

かなり可愛い子で遊び慣れてそうなタイプだった。

それがまた癪に触ったのと、付き合った後もこんな感じでアピールされたら面倒すぎるので、見て見ぬフリをした。

 

4、こっちが話しかけた後のノリ

普通に別れようとしたら、向こうから番号を聞いてきた。

職場で少し話した人とか、飲み屋でちょっと話した人とか。

 

5、友人を通して

誰か紹介できる男いない〜?ってやつに俺が選ばれたパターン。

裏でどうなってたかは知らん。

…が、ある程度「作為的に選ばれた」と感じてる。

*友人の手前、確認はしてない。

 

以上!

 

◾︎主戦場は「職場」

まあスーパーの店員だったもんで、同じ職場で働いてて見る機会が多い(相手が俺の事を)というのが大きい。

次点で「少しだけ会話がある人」。

どっか行って、ちょっと話したのがキッカケになるパターン。

全くの見ず知らずの状態から「番号教えて下さい!」っていうのは、ガチのイケメンしか無理。

 

◾︎一応気持ちを記す

聞かれた事は非常に嬉しい。

実際、こっちからメッセージしたし、何回かは遊びに行った。

…が、ハッキリ言おう。

つまんなかった。

理由は様々あるが「向こうが緊張してる事」「俺も余裕がなかった事」がメイン。

 

少しずつ進んでいくのがお互いにとってベスト。

急がば回れ

 

◾︎まとめ

チャンスは割とその辺に転がってます。

顔を見る機会が多いのと、軽くでも会話をした事があるってのがポイントになると思う。

見ず知らずの男に声をかけられる女性はごく少数しかいない。

「毎日行ってるカフェで挨拶するようになった」とか、「コンビニで挨拶を交わすようになった」っていうのの延長線上にこれがある。

顔見知りの女性を増やしたり、おはよう〜→雑談くらいの会話をする人を増やしていけば、自ずとチャンスが増える。

参考になれば幸い。