精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

本当に彼女が欲しいのか?2

 

いや、なんつーか「人とそんなに会いたいのか?」っていう。

なんか「しっくりこない」んで、整理のために書く。

 

◾︎モテたい目的

なんつーか「友達を探すために色々な社交場に飛び込む感じ」。

仕事を探すために色々な先を回るとかってんだと「目的がある」。

ただ、友人って「目的がないから面白い」。

ただ何となく遊んで、楽しい事をして、面白いことを共有する。

その友達を探すとすれば「面白いことが先にあった上で会いに行く」のが繋がりを作る早い方法なんじゃないか?と。

 

◾︎セックスしたいから女に会いに行くってのも「立派な目的」

なんつーか「ビジネスの匂いがする」っつー感じ。

目的のために人を探してると言うか。

仲がいいやつとか、気が合うやつって「流れでそうなる」。

最初は挨拶程度に話してて、やけに盛り上がる話題が見つかって、一緒に遊びに行く事になって、一線を越えるチャンスがある。

*ここでチキって手を出さないと終了。自分に置き換えると分かりやすいが「セックスしたい」とアピールして、意識的にしろ無意識的にしろ「断られた」としたらどう感じるか?っていう。「あ、それはないんだ」っつって引くか諦める形になる。このディスコミュニケーションが成立すると終わり。

 

個人的な経験としては「最短で1週間」。

最長でも「1か月かからない」。

煮詰めて煮詰めて時間かけて親しくなった例は「ない」。

だいたいノリが合うやつは最初から合うし、モヤモヤ感があるやつは、いつまでもモヤモヤしてる。

 

◾︎目的は「楽しむ事」

それをやったら楽しくなるかもってコトをする。

楽しくなる事が先で、他の条件は後。

楽しいから行動出来るし、人にオープンになる。

 

◾︎その基準は自分にしかない

お前が楽しい事は俺には分からないし、俺が楽しい事もお前には分からない。

*楽しさを伝えることは出来るが。

…ので「自分の基準で考えよう」っていう。

他人の基準で、他人のモテ論でモテようとしても、楽しくないしやりたくもない。

自分が楽しい事をした結果モテる。

さほど女好きでもない俺らが、根っからの女好きと同じように行動しようったって「無理」。

「楽しくない」んだから。

自分が楽しい事をするのを最優先にして、そこにいる「自分が楽しく感じる女性と絡む」。

自分が楽しい事をしよう。

 

◾︎まとめ

目的のために頑張るのは捨ててみたら?

楽しそうな事の先に結果的に」自分が欲しいのがあるだけなのではないか?と。

手に入れるべくして手に入れたというよりも、「そこにあった」って感じ。

望むモノは遥か先に感じるけど、実は自分に一番近いモノを大事にすると繋がってる。

遥か先に感じる目的よりも「目の前の楽しめる事をする」という事。

自分の基準で動こう。

なんせ、その「楽しい」は自分にしか分からないのだから。