精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

ごく当たり前の「飽き対策」。

 

 

なんか最近集中力ねーなーと思ってたら「時間の使い方が下手なだけだった」っていう。

一旦整理する。

 

◾︎人間の集中力は最大90分

大学生の1コマ分。

これしか保たない。

人間としてノリに乗ってる大学生ですら「90分しか保たない」。

それより若いやつやおっさんは1時間保てばいいほう。

これを基準とする。

 

◾︎細かく色々な事を設定する

1、一個の作業は1時間

仕事にしろ、ブログにしろ、遊びにしろ、一個の作業の最大時間を1時間とする。

これでダレを防げ、ノリの良い状態で作業が出来る。

 

2、1時間に一回休憩を取る

「完全に何もしない時間」。

空き時間スマホもなし。

ただ「ボーっとする」。

これで前の作業が整理される。

 

3、連続して同じ作業をしない

「1時間作業→休憩→終わってなくても別の作業をする」

んで、どうしてもやりたいなら、別の1時間を経た後で戻る。

とにかく「ダレ」と「飽き」を防ぐ。

細かくやる事を変えていく。

 

◾︎メリハリがつく

パッと1時間やって、別のを1時間ってやると、非常に張り合いがある。

例えば「ブログ」。

練りに練って3時間かけて書いたやつより、思いつきを30分で書いたやつの方が読まれたりする。

Googleさん的に「情報量が少ない」んで検索順位は上がらない。

そんなもんだ。

ノって書けたやつは、読者にもそれが伝わる。

 

◾︎余談

Googleにウケる記事と、読者様にウケる記事は明確に違う。

Googleにウケる記事は「とにかく情報量が多い記事」。

例えば「スーツ」で記事を書くとする。

その場合、「サイズの表記」「サイズの選び方」「肩幅」「身幅」「袖丈」「着丈」「素材の種類」「価格帯」「具体的な使い方」みたいなやつを「1記事に全部詰め込む事で」順位が上がる。

これがGoogleさんにウケる方法。

読者様向けに書くなら「これらを全て個別化した方が見やすい」。

サイズ表記ならサイズ表記だけの記事に。

素材なら素材だけの記事を書く方が、見やすく分かりやすい。

実際、ちゃんとキーワード検索すれば簡単に出てくる。

…が、スーツを詳しく知らない人は「素材」なんてキーワードで検索しない。

結果、網羅的に書いてある「なんだかよくわかんないブログ」に辿り着く。

その辺を上手くやってるのが「D collection」とか「メンズファッションプラス」。

ひたすらGoogleウケに特化してる。

服好きはこんなサイトじゃ絶地に買わない。

ただ、「メンズファッションに全く興味のない人には非常に有用」。

簡潔に網羅的に書いてあり、フルセットで服が買える。

読んでて面白い記事とGoogleウケする記事は、必ずしも一致しない。

読まれない=Googleに評価されないからといって、そのブログの価値が測られるわけではない。

アクセスがなく面白いブログは大量にある。

 

◾︎集中力対策が結果をもたらす

「飽き」を重要視する。

だるい時はパッと切り替える。

もっと個別に細かく作業をして、一回の集中力をあげよう。

 

◾︎まとめ

飽き対策をしよう。

「作業時間は1時間」「必ずぼーっとする休憩時間を取る」「同じ作業を連続しない」。

細かく切り替えていこう。

時間を無限に使ってダラダラやると「いつまでも終わらない」上に「つまんない」。

「1時間だけ集中しよう」ってやると、気が楽な上に捗る。

楽しみながら作業をしましょう♪