精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

自分を責めてるやつは他人をバカにしてる。

 

運動のし過ぎで、クソほどメンタルの調子が悪い」。

そんな中で自分に潜ってたら辿り着いた。

 

◾︎自分責め=他人責め

例えばだが、「モテない自分を責めている」とする。

よくよく考えて欲しいんだが「どういう言葉で責めてるのか?」。

モテない俺はクソ、やれてない自分はクソ、女にモテない自分はクソ、などが浮かぶ。

…それって「他人にも同じ事言ってない?」。

もう一つ考えて欲しいのが「別にモテなくたってそいつの存在証明は変わらない」って事。

そいつが面白いやつであれば「モテようがモテまいが関係ない」。

関係あるのは「面白いか?」「自分と気が合うか?」だけ。

モテ自慢してくるやつはうぜえし、逆にモテない自慢してくるやつもうぜえだろう。

だって「関係ないんだから」。

別にお前が面白いから一緒にいるだけであり、付加価値を求めてお前と一緒にいるわけじゃない。

逆を言えば「モテるからと言って面白いやつとは限らない」。

モテるからといって、面白くもなく、気も合わない人と一緒にいてもしょうがない。

本来は「これ」。

…なんだが、自分にかける言葉として「何を使っているのか?」と。

 

◾︎良いところを探すとクソほど見つかる

例えば「モテない」。

言い換えると「経験が浅い」。

リアクションが初々しい、ドキドキ感が伝わるだなんだと色々ある。

と同時に「最初は誰も変わんねえ」っていう。

要は「人が変わればやり直し」。

初めて遊びに行く時は誰でも緊張するっていう当たり前のお話。

新しい仕事でも、別の業種に移ればやり直しだし、別の企業に移ればやり直し。

やってる事は一緒で、それに慣れようとする意思があるかどうかだけの差だったりする。

 

◾︎バカにするかどうかは「個人の裁量の差」

要は「視野が狭い」ってこった。

どれも良い面もあれば悪い面もある。

良い面にスポットを当てれば「面白い」と感じるし、悪い面にスポットを当てれば「バカなやつ」と感じる。

自分を責めてる人は「視野が狭まってる」。

狭まってるからこそ、他人をバカにし、自分をもバカにする。

良い面や楽しい面にスポットを当てて、もうちょい視野を広げよう。

 

◾︎まとめ

自分責め=他人責め

要は「バカにしてる」っていう。

それ即ち「視野が狭い」。

何事も良い面があり、悪い面がある。

良い面を楽しめば「責める必要はない」。

 

その上で「全く関係ない要素も絡んでくる」。

不合理でも面白いやつもいれば、合理的でも超つまんないやつもいる。

それはそれ、これはこれ、だ。

とにかく「視野を広く持とう」。

他人の良い面を尊重すれば、自分の良い面も尊重される。

疲れてる時はぐるぐる思考が回るから、良い面をぐるぐる回してみよう。

 

…さて、寝ますかね。