精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

テストステロンより筋トレより運動より重要な「食事」と「睡眠」。

 

健康の「2強」。

…っつか、生活の中で「これだけ守っときゃ快適に生きられる」。

運動とかサプリとかその他の健康法より、ぶっちぎりで重要。

その理由をば。

 

◾︎食事と睡眠

1、食事は「身体を作る基礎」

食事で身体が作られる。

ここまでは普通。

身体を作るという事は、身体の回復にも寄与しているという事。

人間の身体が何で出来てるか?

食ったもので出来てる。

食う物が悪ければ「質の悪い身体ができる」。

食う物が良ければ「質の良い身体ができる」。

ごく当たり前のお話。

ここに気を付ければ全体が改善していくし、ここが疎かだといくら煮詰めても改善しない。

それほど重要。

 

2、睡眠は「回復」

「脳のメンテナンス」と「身体の修復」が同時に行われるのが睡眠。

脳がいつ休まるか?って、そりゃ「睡眠中」。

日中に得た記憶を整理し、必要なものと不必要なものに分ける。

そして「次の1日に対応していく」。

そのための準備が睡眠。

んで「身体の修復」。

寝てる間に身体に栄養が振り分けられて、前日の運動量に適した身体に変わっていく。

修復って事は「回復」。

要は「睡眠=回復」。

回復の時間を取らずに行動してたらどうなるか?

遠からず潰れるわな。

それほど重要なものなんだわ睡眠って。

 

◾︎食事が「入力」、睡眠が「出力」

食事で身体に栄養を「入力」する。

そして、入力したものを実際の形にすべく「出力」するのが「睡眠」。

入力の質で蓄えられるモノが変わる。

それをキチンと出力する事で「実際の形になる」。

入力の質が低ければ、どんなに出力しても「質が低い」。

入力の質が高くても、ちょっとしか出力しなければ「質が悪くなる」。

両輪が揃う事で「実際の形になる」。

全ての基礎にこの2つがあるのは偶然じゃない。

 

◾︎運動は「それらを調整するもの」

運動したら腹が減るし、運動したら眠くなる。

そのおかげで「運動のほうが上な感じがする」。

しかしながら、実際は「逆」。

快適な食事と睡眠をするために運動を取り入れる。

腹が減らないのに食ったり、全然眠くないのに寝なきゃいけないって場合「ズレが起きてる」。

ここで始めて「運動不足」が意味を持つ。

美味しく食事を取れる程度の運動をし、気持ち良く寝られるくらいの運動をする。

目的が逆なんだ。

快適な食事と睡眠をするために運動をする。

運動をするために食事と睡眠を改善するのではなく、ね。

 

◾︎食事内容

1、加工食品を可能な限り減らす

加工食品の定義は「素材の見えない食品」。

ハンバーグとか、ナルト系の練り物だったりとか、素材が分からないモノを減らす。

んで、焼肉の肉とか、寿司ダネみたいな「素材の形の分かるもの」を食う。

肉、魚、野菜、果物など。

加工食品って、まあ色んなモノが入ってるのよ。

腐らないための成分とか、美味しく感じさせるための砂糖や塩、植物油がふんだんに入ってる。

それらをカットする事で、入力の質が上がる。

 

2、精製された食品を減らす

主に「砂糖」。

砂糖はカロリーだけあってミネラルが入ってない。

例えば、野菜を食うとビタミンが色々入ってるのよ。

マグロ食べても色々入ってるし、牛肉を食べても色々入ってる。

天然モノの食品ってのは「ミネラルが入ってる」。

んだが、「精製食品=白っぽい食品」は、精製の段階でミネラルが消し飛んでる。

砂糖は「甘さだけが残ってる」。

白系で言えば、白米も同じ。

玄米はミネラル豊富だけど、白米はミネラルがない。

平たく言えば「脳が満足しない」

いくらでも食いたくなるし、食ってもすぐに腹が減る。

おまけに太る。

これを極力減らす。

 

3、刺激物を減らす

主に「カフェイン」。

これ常用してると分かんないんだけど「覚醒作用がすごい」のよ。

眠いのを叩き起こしたり、疲れてんのをあと一歩追い込んだりとか。

これを起こしてるのが「交感神経の活性化」。

しかしながら、もっと単純にしよう。

要は「本来の自分の体調を覆い隠す」って事。

朝イチで「スッゲー辛い」のに、コーヒーで誤魔化すのとかがこれ。

現実はスッゲー辛い方なんだわ。

辛いからこそ「休もう」「寝よう」「ちゃんと食おう」って思う。

はずなんだが、カフェインを摂ると動けるようになる。

ここを誤魔化してると「いつまでも治らない」。

特に朝イチでタバコ&缶コーヒーなんていう完璧な悪習慣を持ってるやつは、効果てきめん。

なんせ俺がそうだったから。

自分の正しい疲労状態を知るために刺激物を減らす。

もちろん、感覚が掴めたら復帰してもいい。

…が、最初は減らしてみるとびっくりする。

誤魔化しが効かなくなるから。

 

◾︎睡眠

1、ベストな睡眠時間を知る

知るための簡単な方法は「毎日記録を取る」。

今日どれくらい寝て、その日どんな気分だったか?

ショートスリーパーはガチで3時間睡眠とかでいけるし、ロングスリーパーは10時間超えもザラ。

俺は「7時間」。

これを割り込むと「明確に身体が重くなる」。

あと、超絶肉体疲労の時は「睡眠時間が増える」。

ベストな平均睡眠時間は「6〜8時間」と言われる。

その中で「自分にとってベストな睡眠時間」ってのを、自分で記録しながら探す。

 

2、睡眠から逆算して寝る時間を決める

睡眠時間の確保を絶対的な課題とする。

「この時間は寝る」って決めて、その時間に対して自分で調整をかける。

ともすれば「寝る時間無くなったわ〜」ってなっちゃうんだけど、それを無くす。

…まあ、ちゃんと寝て身体が軽いのを体験できると「やろうと思う」よ。

ちょっとした娯楽よりも、よっぽど重要。

 

◾︎まとめ

食事と睡眠で人間は動いてる。

よって、これに手をつけずに改善することは無いし、これにだけ手をつければ全て改善する。

運動して筋トレして「一時しか使わないピークパフォーマンスを上げる」より、ベースを作って日々快適に過ごす方が「恩恵はデカい」。

運動はあくまでも「調整」。

そっちがメインじゃない。

メインになるのは「もっと地味で」「陽の目に当たらない」「ごく当たり前な事」にある。

毎日やってる事こそ改善すると恩恵が大きい。

目立つ部分よりも「目立たない部分」を大事にする事こそ「粋」。

ごく当たり前な事にこそ気を配って、ごく当たり前に高品質な毎日を構築しましょう♪