精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

自分の気持ちを隠してると「キモい」。

 

オタクとか、モテない男がなんでキモいのか?

「気持ちを隠そうとする」から。

 

◾︎気持ちを隠すとキモくなる

代表的な3つに触れる。

1、自分の意見を言わない

例えば「友人とツーリングした」としよう。

その時に「何が面白くて」「何がつまんなかった」って感想が言えるやつと言えないやつがいる。

これは他人といる時は大体同じ。

「俺これが好きです」「あ〜あれ、個人的にはイマイチでしたね」って言えるやつが「気持ちいい」。

逆に「どっちでもいいです」とか「興味ないです」ってやつと、また一緒に行きたいとは思わない。

それは「気持ちが分かんない」から。

なんか気持ち悪いなコイツってなるのがここ。

 

2、気持ちと行動が別

ツンデレの系統。

リアルは非常に「細かい部分」に出る。

メシを選ぶ時に、本当はこれ食いたいのに面倒だから別なのにしよう、とか。

これが積み重なると「徐々にキモい人」になる。

*ちなみにデカいのだと「セックスしたいと言えない」とか、「好きな気持ちを伝えられない」とかになる。

 

3、素の自分を偽る

凄えムカつく事があったけど我慢してたり、なんか「気持ち悪い感覚」をそのままにしてたりするとこっち。

気持ち悪い感覚を感じる代表者が「あんちゃ」と「姫姉様」。

なんか凄え気持ち悪い。

*両名とも女性

理由は簡単で、コイツら本心で喋ってねえのよ。

人が好きなクセに人嫌いつってたり、超恋愛好きスイーツ脳なクセに、ダサい下ネタに逃げてたりする。

真っ向から「好き」「愛してる」「もっと愛して」って絶対言わないんだこのタイプ。

言えないから拗らせてここまで来たっていう。

それを自分が分かってないってとこに根深さがある。

この辺の「気持ちを受け止めて行動する」って言う部分に欠けると「キモい」。

 

◾︎感情は相手に伝わる

ここがポイント。

凄え単純。

「お前といて楽しい」「好き」「もっと話したい」「やりたい」って感情は伝わる

これは絶対と言っていい。

お前が一緒にいて楽しいと思うから相手も楽しくなるんだし、お前がやりたいと思うから、相手もそれを受け入れてくれる。

相手といて楽しい感情表現をストレートにし、相手を抱きたい感情をストレートに表現する。

もちろん相手次第ではある。

 

⚫︎相手の感情も伝わる

俺発信の「楽しいね!」を、「楽しい!」って返してくれる人と一緒にいるとさらに楽しい。

俺発信の「抱きたい!」を、「抱かれてもいい!」って返してくれる人といると、凄く楽しい。

これで相手から感情の反応が返ってこなかったらどうか?

「別に」とか「うん」みたいな。

超つまんねえんだわ。

それを端的に「キモい」と表する。

結局はノリが分かるやつだけを相手にすればいいし、そういう人としか分かり合えない。

だからこそ、自分が最初に感情表現をする。

そうすると、乗っかってくれる人が見分けやくなると同時に、楽しい場面も増える。

 

◾︎まとめ

感情を隠すとキモい。

気に入らねえ事は、どんなに合理的でも気に入らねえし、好きなことはそれが何であれ好きでいい。

それを表現しないとキモい。

むっつりがキモいのは「相手に伝えないから」。

自分は何を隠そうとしているのか?

ってのに取り組むと、非常に面白い結果が出るぞ。

隠してる事(気持ち)は、表現していこう。

そうすると気持ちいい人になるから。