メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

「強みを活かそう」なんていう使い古された記事を改めて書いてみる。

 

強みは知っておいて損はないという事でちょいっと。

 

◾︎強みを出す

⚫︎VIAサーベイ

Character Strengths Survey, Character Test: VIA Character

無料で最も精度が高い。

リンク先は英語だが、日本語でテストが受けられる。

特性を全24項目あり、それを順位付けしてくれる。

筆者の強みは…

1、審美眼

2、チームワーク

3、感謝

4、親切心

5、社会的知性

だいたいトップ5辺りが「特性として強くでてる強み」。

ちなみに筆者は「計4回やった」。

*実験と検証のため

んで、平均を出したのがこれ。

ちゃんとやれば最初の一回で充分。

上記のトップ5は、最初の一回で全部入ってた。

ちなみに、下位5つは…

1、忍耐力

2、自律心

3、熱意

4、慎み深さ

5、向上心

致命的な項目が並ぶ。

一般的に成功に必要だとされる能力が、軒並み最下位っていう。

 

んで、とりあえず「自分の強み(と弱点)は分かりました」と。

 

◾︎強みを使う

yuchrszk.blogspot.com

 

自分の強みを把握したら、それを使う計画を立てる。

俺の場合だと「審美眼」「チームワーク」「感謝」「親切心」「社会的知性」。

これを元に計画するなら「厚顔無恥に人と絡む事」。

…我ながら「酷い」んだわ、この5項目。

審美眼だけは「カッコいいもの」や「綺麗なもの」を探して紹介するっていうんで使いやすい。

…が、それ以外の項目は人に絡む事で真価を発揮する」。

特に酷いのが「感謝」で、これって「誰かに何かしてもらわないと使えない」んだわ。

いやまあ、今ここを見てるあなたに「ありがとう」を伝える事は出来る。

こういう「自分がしたい事をして」、ないし「誰かに何かをしてもらった時」に感謝する。

だから、誰かのグループに入っていって、割りかし自分勝手にやって、皆んなに感謝するっていう「自作自演」がベストって事になる。

それを補強する「社会的知性」と「親切心」。

一見優しそうな項目なんだけど、使おうとすると「酷く自己中な使い方になる」。

そんな能力。

 

そんな感じで、自分の出した強みを使うやり方ってのを、なんとなく割り出して使っていく感じで。

 

◾︎まとめ

強みは「知る」。

そして「使う」。

使ってこそ「強み」になる。

なもんで、使い方まで考えて「実際に使ってみましょう」。

俺は厚顔無恥にお願いして、勝手に感謝して、自分勝手に振舞ってる時が「最も気持ち良く動けてる」。

後は「カッコ良さを追求するモノ」。

ファッション、車、バイクなんかは得意分野。

あと「いい景色」とか「雰囲気あるカフェ」とか。

そんな感じで「ベストな自分が出せるのは?」ってのを煮詰めて、使っていきましょう!