メンタルと健康とモテ

健康は全てに通ず。

頭が良いバカに捧ぐ記事。

 

実社会で必要なのは「使える知識かどうか?」。

とかく「頭がいい」と言われる筆者が、頭がいい事はクソの役にも立たないという事を説明しよう。

 

◾︎頭がいい「バカ」

口達者で何にも実行しねえやつのことを指す。

感覚的には薄っすら分かっているものの、いざ自分がそうなるとは思わなんだ。

チェックリストを少し。

 

⚫︎バカに向かってるチェックリスト

1、本ばっか読んでる

「知識を入れるために本を読んでる」ってのがヤバい。

同じ読書でも「行動するために読んでる」か、「ただ本が好きだから読んでる」なら全然平気。

頭良くなろうとして本を読んでると「バカ一直線」。

 

2、同じ場所でグルグル知識を回してる

要は「実証してない」。

新しい知識を入れたら「それが使えるかどうか確かめる必要がある」。

例えば「健康にはHIITがいい」とする。

それを自分で実際に試して、健康になるかどうかを確認する必要がある。

*その結果、週3以上のHIITは負担がかかりすぎるという事が分かった。

「誰かが言った何か」は自分に当てはまらない可能性が高いんで、実際に自分で再現可能か?ってのを確認する。

 

自分がやってみて使えるかどうか?が重要。

 

3、表現を変えてこねくり回す

最近分かったのが「何にでも理由を付けられる事」。

今上手くいかない理由を過去に求めたり、親との関係に求めたりって「心理学的なアプローチ」が1つ。

それと「全て超常現象のせいにする」って「宗教」。

*引き寄せも含む

そして「自己啓発」。

これらは根っこが全て同じ。

「今の自分以外のせいにする事」。

そう。

これを考えてりゃ「行動しなくて済む」。

んで、自分以外の判断軸に合わせる。

とにかく「物は言いよう」で、正義なんていくらでも作り出せる。

歴史なんかでよく言われる「侵略戦争が正義になる」ってのがそれ。

アメリカなんざ「奪った土地」だからね。

ネイティブアメリカンにとっちゃ「悪夢」だよ。

あの白人たちは。

っつーように「理屈をこね始めたら」ヤバいサイン。

 

◾︎解決策

実際はどうなのか?を確認する事。

「誰かが言ってた何か」は、今目の前の現実において有効なのか?

自分がやっても意味があるのか?

常にこれを確認する。

「知る→試す→結果を得る」の流れを重要視する。

使えなきゃゴミなんだその知識は。

リアルで生きるなら、ね。

 

◾︎空想が活きる職業

「芸術家」。

「自分の空想世界を広げていく必要がある」。

元々「ないものを作る」。

漫画や小説なんかは「現実にない設定」で、かつ面白いものがいる。

ハンターハンターの設定とか。

いわゆる「空想」を、現実的な人達(編集)と話し合いながら「現実ではな着地点を作る」。

…が、それの素となるのは「空想」。

だから、逆に言えば「凡人には無理」。

一般社会と合わねえな、っていうくらいぶっ飛んだ感性を持ってないと「違うもの」は生まれない。

 

◾︎まとめ

頭が良いバカは「現実と擦り合わせてない」。

それは実際に使えるのか?

使ってどうだったか?

ここまでやってようやく「使える知識」になる。

「知ってるだけ」は、知識とは呼ばない。

なもんで、理屈は「単なる言葉遊びにすぎない」。

ただ上手く表現するだけなら「いくらでもできる」。

自分を正当化する理屈なんざいくらでもあるのよ。

じゃあやってみたの?

って部分が非常に大事。

 

…ちなみにこのブログは混ざってる。

俺が実証したモノと、実証すれば「まず間違いなくできるモノ」と、他所で有効性が確認されたモノが混ざってる。

なもんで、やってみて欲しい。

もし俺に出来なくても、「あなたはできる可能性がある」。

その辺はやってみないと分からない。

 

という事で「頭がいいバカの特徴と対策」でした。

当該の頭が良いバカは、俺と一緒に直していきましょう。