精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

モテ講座最終章。「自分の感情は正しい」。

 

嫌な感じがしたら「嫌だし」、嬉しい感じがしたら「嬉しい」。

それがどんなに世間一般の価値観と違おうとも。

自分が気持ちいいならそれでいい。

 

◾︎感情に価値観を合わせる

まず「自分の感情が先」。

どんな状態であっても、どんな状況であっても。

その状態で「価値観を組み直す」。

感情が先で理論は後。

これは全てのモノに通じる。

 

◾︎なんか良いor悪い

この「自分の感触」はマジで大事。

「なんか良い」んだそこは。

なんか「また行きたくなって」「リラックスできる」。

逆に「なんか引っかかる」のも正しい。

なんか「行きたくなくて」「足取りが重い」。

これは「感情が正しい」。

これを騙して「いや!〇〇だからダメなんだ!」って誤魔化すと「死ぬ」。

 

◾︎感情を誤魔化してもいい事はない

気持ち悪いモノは気持ち悪い。

気持ちいいモノは気持ちいい。

それに理由はいらない。

もし頑張るんなら「気持ち悪いけど我慢してやる」んだ。

気持ち悪いと感じてる事を否定しちゃいけない。

同じように「気持ちいい事ももっと体験する」。

気持ちいい事にストップをかけたりもしない。

もっと体験したい!もっと!でいい。

この場合は「もっと体験したいけどこの辺でやめておこう」で。

とにかく「感情をそのまま受け取る」。

そのまま受け取って、そのまま自分に落とし込む。

不快なものは不快。快感は快感。

それは思考をイジったって一緒。

視点を変えるのはありだけど「そう感じる事は肯定する」。

これで「自分の通りが良くなる」。

 

◾︎正義は自分の中にしかない

ファッション好きもいれば、猫好きもいて、犬好きもいて、根っからの異性好きもいれば、ピンポイントでしか合うやつが見つからない人もいる。

セックスレスのやつもいれば、幸せな家庭もある。

それぞれの幸せの形がある。

誰かと何かを比べてもしょうがない。

自分がしていて気持ちいい事、一緒にいて気持ちいい人、心が動く事を追って行く。

これは「自分のオリジナル」。

これが近い人が「一緒にいて楽しい人」。

だから、まず「自分が気持ちいい事を求める必要がある」。

それさえ分かれば簡単。

その感覚をくれる人と一緒にいればいい。

 

◾︎まとめ

自分の感情は正しい。

自分の湧き出る感情は「常に正しい」。

間違ってるのは「自分の認識」。

悲しいなら悲しい、嬉しいなら嬉しいでいい。

それを「まっすぐに受け止める事」。

認識を曲げたり誤魔化したりしない。

価値観は「自分の感情を叶えるために作る」。

感情>ルール

だ。

これで風通しの良くなった自分と、一緒にいて気持ちいい人が見つかる。

 

では「お幸せに♪」。