メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

学校に行けた人も、行けなかった人も。

 

一応触れとこうかな。

「学校なんざクソだ」

という事を。

 

◾︎学校に行かなくても「生きていける」

まずここ。

「これを頭に叩き込んで欲しい」。

ツイッターで「偉い人(起業家の系統が良い)」に、こう絡んで見て欲しい。

「学校辞めて仕事したいんですけどいい方法ありませんか?」と。

*自分の年齢を添えて

いやまあ「やってみりゃ分かる」けど、「なんらかのリアクションがある」よ。

そういうのを経験して欲しい。

 

◾︎学校に行きたいやつは「少数派」

行きたくないお前が正しい。

その上でどうするか?

学校は別に行かなくていい。

行かなくていいとなった場合「何がしたいか?」。

ここがポイント。

 

⚫︎お前、何したいの?

DMM亀山社長とか、堀江貴文みたいな「起業家」になりたいのか?

それとも「コンビニ店長」みたいな事がしたいのか?

それとも「決められた役所仕事」がしたいのか?

それとも「俳優(女優)になりたいのか?」

これがハッキリするまで、とりあえず学校に行ってるといい。

授業中にスマホいじりまくって検索しまくってもいいし、図書室に入り浸って調べまくってもいい。

*注。本当に信頼できる教師以外には相談しないこと。あいつら「レールの上を走ってきた人間」だから、レールの外を見てるあなたにまともなアドバイスはできない。聞くなら「先生、教師クビになったら次何します?」くらいにしておこう。

とりあえず「自分がどうしたいのか?」に、徹底して向かい合って欲しい。

 

◾︎繋ぎで学校に行くと「得な理由」

とりあえず「人がいる」から。

隣に人がいる事で、今の自分でも別に問題なくね?ってのが「確認できる」。

頭悪いやつもいるし、運動ができないやつもいる。

「これが現実」

別に全てに秀でてなくてもそこに居場所はある。

んで、とりあえず学校行ってりゃ「日常が動く」。

今日嫌なことがあっても「明日必ず学校に行かなきゃいけない」。

すると「嫌な思いが上書きされる」。

もしかしたら「今日は楽しい日になるかもしれない」。

昨日あった嫌な事をグルグル考える暇もなく日常が回る。

これが「ガチぼっち」になると、状況が変わる。

 

⚫︎ガチぼっちは「比較対象がない」

「できる奴ばっか目に入る」。

あれもこれも出来ないといけない感じになる。

その上、日常が回らない。

「とりあえず学校に行く」っていう、気分転換がない。

自分から動かなければ「何も動かない」。

何もない。

学校もバイトも何であろうとも、自発的に動かなければ何も動かない。

受け身で学校を辞めると「マイナスに持っていかれやすい理由」がこれ。

 

◾︎やりたい事を見つけて学校を辞める

それまで学校に行く。

学校に行く目的は「自分のやりたい事を探す事」。

…まあ、学校に行かなくても「しばらくクビにされない(高校のみ。小中は義務教育だから行かなくて大丈夫)」から、家で考えてもいい。

「何がやりたいのか?」

これは大人になっても必要なことなんで、折を見て考えるといい。

 

◾︎どうしようもなくなったら

「色んな人に相談する」こと。

可能なら「レールを歩いてない人」がいい。

お前が学校を辞めるか迷ってるように、普通の人は「学校を辞められない」。

なんせ「転職が嫌だから」ってんで、今の職場を我慢してる大人が沢山いる。

そんな中で、お前が「学校を辞めたい」って相談したら「なんて返ってくると思う?」。

そう。

「我慢して学校に行きなさい」だ。

それは「その人がそうしてるから」。

だから「自分で殻を破った人達」に相談する必要がある。

起業家とか、芸能人とか、芸術家とか。

こういう人達は「自分の足で歩いてる」。

世間一般が怖くて踏み出せない=学校を辞めるような…決断をして、そこに立ってる。

そういう人達は「大丈夫だよ」って言う。

「自分の可能性を広げてくれる大人に相談して欲しい」。

 

◾︎まとめ

学校はクソ。

行きたい人は少数派。

だが、「辞める人はもっと少数派」。

少数派な理由は「決断できない」から。

それが「普通」。

皆んな迷いながら学校へ行き、そこでなんとか折り合いをつける。

しかしながら、そこから道を開いた先人も存在する。

そういう人とコンタクトを取って欲しい。

視野が広がる」から。

 

もしくはクソつまんねえ学校に行きながら「自分のやりたい事を見つける」。

ネットと本で調べまくって「これやりてえ」ってやつに当たりをつける。

んで、それをやるために辞める。

 

ま、とにかく「今のままそこにいる必要はない」よ。

学校にいながらにして、学校から距離を置いて「本当にやりたいことを探す」か、「社会で活躍してる人に話を聞く」。

学校が合わねえっていうのも「お前の才能の1つ」。

良い悪いじゃないんだ。

せっかくの機会だから「自分の頭を使って」考えまくれ。

お前が活躍できる場所は「すぐそこにある」。