精神と健康と女とテストステロン

健康は全てに通ず。

俺の悩みって「極めて普通なんじゃないか?」と思い始めた。

 

純粋な意味で「普通と違う人達」ってのがいる。

それは、ネットによって「可視化された」んだけど。

…で、そんな人達からすると、俺(ら)が今持ってる「悩み」って「極めて普通なんじゃないか?」と。

 

◾︎自分は「特別でもなんでもない」

もうなんかね、どこを切り取っても「普通」なのよ。俺の人生って。

小学校の頃、普通に遊ぶ友達はいたし、勉強はそれなりだった(嫌いではあったが)し、モテはしなかったけど好きな子はいたし、普通にゲームやるけど外でも遊んでたっていう。

…まあちょっと、中学でヤンキーに絡まれてから狂ったんだけど。

そこはさておいて、特色として「極めて普通である」という事が、「むしろ特色なんじゃないか?」と。

 

◾︎俺の悩みって、だいたい誰もが持ってるやつなんじゃね?

「モテたい」とか、「金が欲しい」とか、「もっと充実した時間が〜」ってやつ。

これが「極めて普通なんじゃないか?」と。

モテまくって、金があって、充実した時間を過ごしてるやつって「そうはいない」っていう。

逆に、それ以前に「友人が作れない」とか、「金がなくて生きていけない」とか、「多忙で死にそう」とか、そういう事も一切ない。

とりあえず誘えば遊べる友人はいて、食うに困らないくらいのお金はあって、なんとなくハマってる趣味はある。

「それ以上の領域」を求めて、もがいていないか?と。

 

◾︎普通のやつの解決策は「普通のことをする」

もう「なんの捻りもいらない」。

極めて「普通の行動をする」。

就職したけりゃハロワ行って、異性が欲しけりゃ友人に頼ったり、合コンや街コンに行く、趣味の仲間を広げるなどするとか。

そこで、極めて優秀ではない代わりに、絶対に結果が出ない事もない。

至って「普通の結果が出る」。

普通に見つかるっていう。

すっごい苦労する事もないが、極めて優秀な成績を叩き出す事もない。

*最初は成績が悪くても、すぐに要点を掴んで「普通」になる。自身が普通故に、普通に必要とされる要素を見分けられる。

特筆して優れてる部分はないが「弱点もない」。

 

◾︎普通のやつは「天分を受け入れる事」

「極めて普通なんだ」。

どこに行っても、何をしても。

反面「それが特色でもある」。

「何やらせても人並みにできる」っていう。

全ての領域で普通って、それはそれで「凄まじい」こと。

裏の領域(こういうブログとかのマイナーな稼ぎ方)でも「普通」だし、表の領域(ルールを守ってクリーンに稼ぐ方法)でも「普通」。

両方で「普通に立ち回れる」。

出入り自在。

最強の「コウモリ野郎」。

誰にでも、どんな風にでも合わせられる。

自由自在すぎて、テメーでテメーの天分が分からなくなるほどに。

「全ての事が一定の水準でこなせる」。

 

⚫︎個性がないことが「個性」

特にウリがない代わりに弱点もない。

何処にでも行けるし、誰とでも絡める。

このブログもそう。

「極めて面白い訳でもなければ、特筆して役に立つ訳でもない」

が、

「それなりに役に立つし、それなりに面白い」

という。

これぞまさに「俺の特色を表したブログ」といえよう。

 

◾︎まとめ

全てにおいて「普通だった」。

悩みも、思考も、特性も。

物凄く困るレベルでもなければ、それを謳歌するほど特筆されたレベルでもない。

「普通」。

上を見れば腐るほどいるし、下を見ても腐るほどいる。

なもんで「普通に行動しよう」。

殊更ダメな事もないし、特別にできる事もない。

「普通!」

受け入れて生きていきましょう。