メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

日本の就職戦線マジで終わってる。

 

いわゆる「普通」に入る必要がある。

普通に入れないと「独力で何とかするしかない」。

 

◾︎大手転職サイトの転職エージェントを使ってみた

大手(リクルートDODA、クリーデンスとか)を全部登録してみた。

結論から言おう。

「全滅」。

「あなたの経歴で紹介できる仕事はありません」と言われる。

しかしながら、ハロワで普通に探したところ「全然問題ない」。

履歴書の書き方を教わり、面接練習をしてもらい、仕事を自分で検索し、普通に就活ができてる。

 

分かるかな?

つまり「この閉塞感」が、俺らが感じる閉塞感。

 

◾︎道を外れると「完全に道がない」

通常のイメージで言えば…

「大卒→新卒就活→経験3年以上→転職1回目」。

せいぜい「転職2回目」まで。

これを外れると「ウリになるスキルか経験がある」ってやつしか転職できない。

…凄くない?

不本意ながらブラック引きまくって転職せざる得ないやつとか、第二新卒で迷ってグダッてたやつの働き先は「ない」。

「一般的なルートには」もう道がない。

 

◾︎日本の「最大手がこれ」

コレが衝撃なところ。

転職は「しちゃいけないような扱い」。

皆んな「仕事を辞めるときに逡巡する」し、「次があるかを気にする」。

答えはそう。

「仕事はない」。

ないんだ。

「これが通常のルート」。

マジでゾっとする。

シャレにならん。

 

◾︎道は「他にもある」

あんなもん「上っ面の1つに過ぎない」。

「一般の企業はもう諦めろ」。

っつーか「行くな」。

あんなクソみたいな価値観で染められたら、テメーの可能性すら潰れる。

「その他の可能性」を模索するんだ。

ハロワに行きゃもっと「アナログ」で「人間味のある場所」がある。

ネットも通常の社会も「マジで偏ってる」。

あんまり有名じゃない「そこ」にも居場所があって、生きていく道がある。

 

◾︎次を見つけよう

これで大丈夫。

この「外れた道」こそが正解。

日本は基本的に「レール社会」。

頑張ってここから外れないように努力してれば「守られる」。

だが、そのコントロールされた世界には「救いがない」。

それに合わない人は「亡いも同然」。

じゃあもう「レールには合わせねえ」よ。

「普通の場所には道がない」と割り切ろう。

その代わりに見えてくる道がある。

 

◾︎まとめ

就活「マジ終わってる」。

その「終わってる事に気付くこと」。

そのために「一回外れる必要がある」。

凄まじいジレンマ。

こっちから這い上がったら、もう怖いものはない。

もう一回しくじっても、同じことやりゃ復帰できるんだから。

「ほかの道もある」ぞ。

お前が見えてる「その道の他に」。

俺はようやく気付いたよ。

日本の普通は「病気」だ。

「普通じゃないところ」に目を向けてみよう。

道が広がるから。