メンタルと健康とモテ。跡地

健康は全てに通ず。

「好みのタイプ」に殉じるのが正解。

 

「直感」ってめちゃくちゃ重要。

「何かが引っかかってるから」その女が気になる。

 

◾︎直感の要素

立ち姿、立ち振る舞い、喋り方、ファッションなど、「その人の何か」が出てる。

控えめな性格なのか、ガンガン前に出てくるのか、アクティブなのか、そういう部分が「雰囲気に出る」。

それは「自覚がない」が、確かにキャッチしてる。

 

◾︎友達を選ぶ時

高校から大学に上がった時、大学から社会人になった時などの「ゼロスタートの時」。

この時に「誰に話しかけるか?」。

これが「直感」。

「なんとなく」コイツに話しかけても大丈夫そうだ、って理由で話す。

当たり前なんだけど「ヤンキーには話しかけない」。

逆に、ノリが微妙そうなやつにも、おそらく話しかけないだろう。

「なんとなく」自分とウマが合いそうな人に話しかける。

「全く同じ」。

あいつすっげえ可愛い!と思う時は、だいたい「似たオーラがあるやつ」。

明らかに毛並みの違う「ギャル系」にはチャレンジすらしないだろうし、学年で何位レベルの女にも同じ感想を持つだろう。

「こいつと話してみたい」と思うやつは、なんらかの共通点がある。

 

◾︎実験と参考

参考までに筆者が「いいと思う女」の画像を貼る。

確認して欲しいのは、「あなたが俺と同じように好みだと思うかどうか?」。

1、宮田聡子

f:id:CurryS:20180829183340j:image

 

2、Andy Blossom

f:id:CurryS:20180829183348j:image

 

3、Bora rim

f:id:CurryS:20180829183451j:image

 

4、えなこ

f:id:CurryS:20180829183403j:image

 

以上だが、いかがだろうか?

 

◾︎おそらく

「好みが合わない」だろう。

そう。

最大公約数で可愛いの「意味はない」。

「あなたが」可愛いと思う女性が「一緒にいて楽しい女性」。

 

◾︎顔、性格、雰囲気は「連動してる」

見るからに自信満々なやつ。

イマイチ自信なさそうなやつ。

「あなたがそうである事を映し出しながら」相手を選ぶ。

 

⚫︎自分が嫌いだと「ヤバい」

もうお分かりになるだろう。

「あなたが嫌いな部分を持ってる女性も嫌い」となる。

それに「向き合わされる」。

自分の弱さを嫌ってたとして、相手が弱い部分を見せてきたら「嫌ってしまう」。

自分を好きになる他なく、それは「他人に見せられて変わる場合もある」。

もしくは、相手がその部分を好きだった、とか。

まあとにかく「自分だけの価値観」だと死ぬ。

 

◾︎好みで「死ね」

どうせなら「最も話してみたい女」で死ね。

好きだからこそ真剣に考えるし楽しい。

…まあ、この辺も「好みの範囲」。

とりあえず「女なら誰でもいい」ってテンションで行動できるなら、それでいい。

楽しい方でやろう。

 

◾︎まとめ

好みのタイプは「似た要素がある」。

一緒に話して親しくなれるのは、同じような価値観があるから。

だからこそ、一定以上詰めようとすると「問題が起きる」。

自分が嫌いだと、その嫌いな部分で相手を嫌いになる。

そういうのを投影しながら学ぶ。

価値観をグルグル回して、何とか自分と向き合う。

…でまあどうせなら「自分のテンションが上がる女」に行こう。

学びが濃いから。

楽しい事をしながら色々やってみましょう♪